3児ワーママのタイムスケジュール!私がたどり着いたベストな方法とは?

時計

「仕事しながら家事育児、一体どうしたらいいの?」

「子供はまだ小さくて手がかかる。ご飯づくりや洗濯もしないと・・」


こんにちは。小学生&保育園児の子供が3人おり、時短勤務をしているワーママAohaです。


小さい子が3人もいて働くのは大変なんて、思われるでしょうか。

しかし実は、仕事しながら家事をこなし、上の子二人は平日習い事に通っています。さらに自分の時間もちゃんと確保してるんですよ。

ママ

どうしたらそんな余裕があるの?

もちろん初めは上手くいかず、試行錯誤の日々。

今までにはいろんな失敗もしながら、現在のタイムスケジュールにたどり着きました。

というわけで、これまで育休からの職場復帰を3回経験している、ワーママ歴10年目の私が、リアルなタイムスケジュールを公開します!

過去にうまくいかなかったスケジュール例も合わせてお伝えするので、これから仕事を始める方、職場復帰される方にとって、ヒントになればうれしいです。

ではまず、私のワーママ事情として、職場のことや家庭のことをご紹介しますね。





私のワーママ環境について

私は2017年4月に、3度目のワーママ復帰をしました。環境はというと・・

  • 長男(小学2年)次男(年中)長女(1歳児)
  • 9:00 - 16:00の時短勤務
  • 通勤時間は約1時間
  • 平日の家事・育児はすべて私のワンオペ
  • 両親は遠方のため、ヘルプは一切なし

時短勤務をしているとは言え、祖父母にも頼れず、平日の家事育児はママ一人の手にかかっている状態です。

Aoha

夫は食洗機に入りきらなかった食器洗いと、お掃除ロボット・ルンバのスイッチを押す、、くらい‥

 

一方で、

  • 食事は手作り派(お惣菜・冷凍食品は使ってません)
  • ほぼ毎日お弁当(夫&自分用)もつくる
  • 上の子二人は平日に習い事あり(多い週は合わせて4日)
  • 21時半には消灯・入眠
  • 1日30分~1時間は自分の時間も確保している

という、ライフスタイルを送っています。

ではでは、時短で働くワーママのタイムスケジュールをご紹介しますね。

Aoha

私がたどり着いた時間管理、ポイントはずばり早朝!

早起きワーママのタイムスケジュール

早朝の風景

唯一で最大のポイントは朝型という点。

毎日ほぼ、以下のスケジュールで回しています。

4:30~5:00 ママ起床!
洗濯開始
自分の時間
お弁当・朝食作り
夕飯準備
洗濯物を干す(浴室乾燥機&乾燥機へ)
6:30 長男起床・朝食
7:00 次男・長女起床・朝食
保育園・学童の連絡帳を書く
小学生の日記(宿題)チェック
自分の用意
7:40 長男が登校
キッチン片付け、保育園の準備
8:00 保育園へ&出勤
9:00  勤務開始
16:10  退社
17:30  保育園お迎え後に帰宅、ご飯支度
18:00  晩ご飯開始「いただきます」
19:00 洗濯物取り込み、たたむ
お風呂・自由時間
20:50  寝る準備開始(部屋の片づけ・歯磨き)
長男音読
絵本読み聞かせ
21:30  消灯タイム (ママも寝ます)

朝は早起きして、洗濯夜ご飯の支度を済ませておき、なるべく夕方のバタバタが少なくなるようにしています。

 

さらに、時間がかかりがちな保育園児2人の朝の支度にもひと工夫。スムーズに登園できるように日々奮闘しております。

 

普段はこのようなスケジュールですが、子供たちの習い事がある日はちょっとアレンジします。

タイムスケジュールは子供に合わせて流動的に!

サッカーボール&サッカー場の風景

何もない日はちょっと余裕があるのですが、長男や次男が習い事の日は別。

迎えに行く前に、できることを済ませておきます。一番時間が遅くなる習い事(長男サッカー)のお迎えがある場合は、、

17:30  帰宅、ご飯支度
お風呂(ママ&次男・長女)
18:45  車で長男のお迎えへ
19:15  帰宅し、晩ご飯開始「いただきます」
20:00
~20:50
 洗濯物取り込み、たたむ
長男お風呂
各自、自由時間

という感じの、分刻みのスケジュールです。

晩御飯が遅くなってしまうので、当初はちびっこたちを先に食べさせ、長男は帰宅後・・というスタイルでした。

しかし、これだと近くで遊んでいる弟妹が気になって食べ進まないし、本人も

長男
ぼくだけひとりでさみしい・・

とのことで、、夕食は、帰宅後にみんなで一緒に食べることに。やっぱりみんな一緒がいいね!

 

このように、夕方~夜のタイムスケジュールは変動的ですが、寝る時間は変えません!

では、なぜ毎日の就寝時間を変えないのか?をお伝えしますね。

21時にはみんなで“寝る時間”

子供の絵本

毎日、21時を迎えるころには寝る準備にかかります。

習い事があってもなくても、21時には「寝るよー!」と声をかけて、お掃除ロボットルンバが走れるように床のおもちゃを片付け、歯磨き!

寝室に移動したら、みんなでまずは長男の宿題である音読を聞きます。

そのあと、絵本を2冊ほど読み聞かせして「おやすみなさーい」

子供たちと一緒に私も寝ます。そして朝までぐっすり!

Aoha
夜中、寝相の悪い子供たちにしょっちゅう蹴られるので熟睡はできませんが・・

 

「今日は習い事だったから、ちょっと遅くなってもいいか」

と思うとダラダラとしてしまいますよね。

でも、寝る時間を変えないことで、毎日一定のリズムをつけることができ、次の日の早起きにもつながるのです。

こんな早寝早起きなタイムスケジュール、ワーママにとってメリットいっぱい なんですよ。

では、どんないいことがあるのか、3つのメリットをご紹介しますね。




ワーママにとって早起きのメリットとは?

早起きは3文の得と言いますが、本当に3つの「得」がありました。

  • タイムリミットがあるので、集中して行動できる
  • ぐっすり眠れて、頭すっきり、体も元気!
  • 自分だけの時間を確保できる早朝の静かな空間を独り占め!

 

時間があると思うと、いくらでもダラダラできちゃいます。

でも、

  • 7時には子供を起こす!
  • 8時には家を出る!

というゴールがあるので、必然的にてきぱき動けるようになります。

時間が限られるとすごく集中するので、結果、とっても効率的!

また、睡眠は、ワーママにとって欠かせない美容と健康のもと!

4時台に起きる、と言うと

ワーママ

早すぎるー! 眠いでしょ!?

 

と思われるかもしれませんが、早く寝ているので、睡眠時間はたっぷり7時間!

Aoha

多少ずれても6時間以上は眠ることができ、お肌のターンオーバーだってばっちり

 

そして早朝はにぎやかな子供の声もなく、しーん、、としていてなんだか神聖な感じがします。

この時間に、誰にも邪魔をされずに好きなことをして過ごせることが、ワーママにとってはかなりのリフレッシュ!

やることとしては、

  • ストレッチ
  • 筋トレ
  • ヨガ
  • 読書・雑誌を読む
  • インターネット
  • 勉強
  • ブログ

とかとか、子供がいたらゆっくり取り組めないことを、早朝なら好きなようにできます!

ただし、何も考えずにただ早起きする、、だと、眠気に負けちゃうことも。(もちろん眠いときは寝るのが一番!ですが)

「明日起きたら、まずストレッチして、読みかけの雑誌を読んで・・」

なんて、やりたいことを考えながら寝るといいですね。

自分のための早起きは、わくわくしますよ。

まずは、目覚めの朝ヨガで気持ちよくスイッチオン! もおすすめです。

ただ、自分時間に夢中になりすぎると、時間オーバーに。ただでさえ忙しい朝が、よりジタバタすることになってしまいかねないので要注意!!


時間を区切ることが大事ですよね。

そしてこの時間管理能力は、仕事力アップにもつながるんです。

このように、今は完全な朝型になった私。しかし過去には、「寝かしつけをしてから、家事・自分の時間」という夜型生活のときもありました。

これが、私にとってかなりの大失敗だったんです。




失敗!非効率だった夜型タイムスケジュール

眠くてベッドから出たくない状態

子供が長男ひとりだったとき、わたしも夜型ワーママでした。

帰宅

ご飯・お風呂

寝かしつけ

なかなか寝ない!(イライラ。。)

やっと寝た

洗濯・片付け

自分の時間

目がさえてしまって寝付けず

翌朝眠い・・

という悪循環に陥る毎日。

さらには、

  • なかなか寝ない子供にイライラ
  • 激しい眠気に耐えないといけない
  • やっと寝た・・と思ったところへ夫帰宅

などなど、うまくいきませんでした。

結果、眠たくてたまらず子供と一緒に寝てしまい、深夜に

「はっ!寝てしまった!洗濯もの干さなきゃ・・」

と気づくことも。

こんな失敗を活かして、だんだん朝型ワーママへシフトしたのです。

では、最後に私の平日のタイムスケジュールと早起きのメリットについてまとめますね。

まとめ

早起きワーママのタイムスケジュールのポイントは3つです。

  1. 早起きして自分の時間を作る
  2. 起きている間は子供に合わせて柔軟に
  3. 就寝時間は変えない!

小さい子供がいる以上、どっちにしても朝はやることいっぱいで忙しい!!

けれど、起きてすぐに朝のバタバタが始まるよりも、自分時間でリフレッシュしてからの方が、心の余裕が違います。

もちろん、自分だけの都合ではないので、

  • 子供も早朝に起きてきた!
  • 起きるときに子供に気づかれ、寝かせてる間に時間が過ぎた‥
  • 子供がぐずって朝の準備が進まない・・

とかはありますが、そんなときはそんなとき!

朝型のタイムスケジュールに慣れた今、効率的になったと実感する一方で、思うようにならないこともよくあります。。

でもその分、やりたいことをできた朝は充実感でいっぱい!

ワーママにおすすめな「早寝早起き」のタイムスケジュールは、時間が限られるからこそ、強制的に集中して過ごせるようになります。


あなたも、まだ試したことがなければ試してみる価値ありですよ。

私も早起きのタイムスケジュールを、より極めていきたいと思います。

同じワーママとして、一緒に工夫していきましょうー。

 


そうそう! 最後に、早起きのデメリットを挙げるとしたら、たまに参加する会社の飲み会。

終わる頃にはいつもの寝る時間を過ぎているので、お酒も入り、眠くて眠くて大変です。帰りの電車では、寝過ごさないように注意。笑

 

ちなみに夫がスイッチ担当のお掃除ロボット、ルンバくんはこちら。もう5年以上のお付き合いです。

リビングの掃除は毎晩彼にお任せ。これからもお世話になります!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 



 

管理人Aohaって?

共働き歴10年目、3人の子育て中のワーママ。 詳しいプロフィールはこちら

この記事がお気に召したら「いいね!」ください^^

 

関連ページ





この記事をSNSでシェアする!

コメントをどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください