共働きは洗濯いつする? 5人家族の私がしている工夫のすべて!


共働きママ
共働きだと帰宅が遅くて、外干しできない
共働きママ
保育園の洗い物が多い! 洗濯物がどんどんたまるー!

こんにちは。毎日家族5人分の洗濯をしている3児のワーママAohaです。

共働きゆえに、家事はできるだけ時短したいけど、家族の分だけ増えるのが汚れ物。小さい子供がいると、保育園での着替えも多くて洗濯が大変ですよね。

わが家は小学生一人と保育園児二人を持つ、共働きの5人家族

これまでにいろいろな工夫を繰り返して、節約と時短を兼ねた一番いい方法にたどり着きました。

今回は、そんなわが家の洗濯に関する

  • タイムスケジュール
  • 時短と節約、ストレスフリーを叶える工夫

をご紹介したいと思います。

まず、私が毎日いつどんな風に洗濯をこなしているのかについて、お伝えしますね。





共働きわが家の洗濯スケジュール

洗濯バサミ

まず、わが家の洗濯担当は私です。そして平日、洗濯機を回すのは朝!家電をフル活用していますよ。

Aoha
以前は夜に洗濯していましたが、寝かしつけの後で寝落ちしてしまったり超ストレスに!今では朝型の生活スタイルです

 

5:00 起床後すぐに洗濯スタート(または、夜にタイマーをセット)
6:00ころ 洗濯完了 → タオル類と子供の綿下着はすべて乾燥機
洗濯したものを浴室に干す
干せたら 除湿機を「衣類乾燥モード」でON!
冬や洗濯物が超多いときだけ浴室乾燥機の乾燥モードを併用
出勤前 除湿機のタイマーをセット。除湿機能を高めるため、浴室の24時間換気はOFFに!
帰宅後 乾いた洗濯物を取り込み

 

洗濯物を浴室に干したら、除湿機を6時間くらい稼働させます。季節や洗濯物の量によって、30分~2時間ほど浴室乾燥を併用することも。

浴室をぴったり閉め、密室にすることで除湿機能を高めます!

 

タオル類については、平日休日問わず、洗濯乾燥機が大活躍ですよー。

共働きなら洗濯乾燥機は必須!?

保育園児の洗濯物は大量

子供が多いと洗濯物も大量!

特に保育園児はしょっちゅう着替えるので、雨の日以外は毎日上下2セット以上の洋服のほか、手拭きやおしぼりといった細かいタオル類の洗い物が出ます。

週末は布団カバーやタオルケットを持ち帰り、さらに夏はプール水着や濡れたタオルも増えることに。

これだけの洗濯物を毎回すべて干すのは大変です。というわけで、わが家ではドラム型洗濯乾燥機が大活躍。

毎回の洗濯後、タオル類と子供の下着のみ洗濯機内に残して、まとめて乾燥していますよ。

洗濯乾燥機での乾燥はメリットだらけ

ふわふわタオル

共働きで子供ありの家庭なら、洗濯乾燥機を活用しない手はない!

なぜなら「早く乾いて、ふわっと仕上がり、しかもコストが安い」から。

特にタオルについては、どんなにがんばっても、乾燥機で乾かす方が優秀です!

  • 愛用歴が長いタオルでもふわふわに
  • 保育園児の小さいタオル類を一つ一つ干す手間なし

 

また、乾燥縮みが気にならない子供の下着(綿100%)も一緒に乾かすことで、さらに手間が省けます。

Aoha

干すのが面倒なタオルや下着、子供の細々した洗濯物は、まとめて乾燥!

子供の下着とタオルを乾燥機に頼ることで、かなりの時短になりますよ。

 

ここで注意点があります。それは、乾燥フィルターはこまめに掃除すること!

わが家のように乾燥機能を毎日がっつり利用するなら、毎日の手入れは欠かせません。家電量販店の延長保証に入っておくことも必要です。
Aoha

乾燥機能は、フィルターのお手入れがキモ!

 

気になるコストは、わが家が使用しているドラム型洗濯乾燥機(ヒートポンプ式)なら乾燥1回で約19円という安さでした。

購入するとなると初期費用が掛かりますが、この便利さとコストの安さを考えると、共働き家庭で使わない手はないのではないでしょうか。

また、タオル類以外の洗濯ものは、洗濯機のすぐ隣で便利な浴室を有効的活用します。




洗濯ものは浴室に干す!

洗濯物を干すのは浴室

以前私は、一室を"洗濯部屋"にして、除湿機で乾かしていたんです。

しかし、密閉した部屋の中で毎日洗濯物を干すため、部屋は常に洗濯物で"じめっと"してるか、除湿機の熱で"むわっ"としてるかのどちらか。。

Aoha

洗濯物についている小さいホコリなんかも床に落ちて掃除も面倒。と、快適とは言えませんでした。

 

今では、洗濯物を干す場所は、休日以外、もっぱら浴室。

重たい洗濯物を運ぶ手間もないですし、干すときにパンパンはたいてホコリが飛んでも、お風呂掃除と一緒に流せます。

洗濯物を浴室に干したら、頼れる家電を利用して乾かします!

電気代の節約!除湿機+浴室で乾かす!

洗濯ものを乾燥するときの電気代

一度、浴室乾燥の便利さに目覚めてからは、乾くまで4-6時間ガンガン利用していました。

しかし、この浴室乾燥には結構なコストがかかることが判明!

今更ながら説明書を読んでみると、乾燥機能の標準モードを使うと、消費電力は1280Wとのこと。一般家庭向けの電力量料金である26円/kWhで換算すると、1時間当たりの電気代は約33円になります。

つまり、

  • 5時間稼働で約165円
  • 月間約3300円(平日20日利用として)
  • 年間だと39600円

という結果に!

Aoha
「電気代、高いんだろうなぁ」とは思っていましたが・・ここまでとは!

一日165円と考えると、コンビニの高級おにぎり1個分くらいですが、できることなら、なるべく抑えたいですよね。

そんなわけで、コストを意識してからは、除湿機(1時間当たり約10円)を併用することにしています。

 

洗濯物を乾かす手順としては、

  • 浴室内の水分はなるべく拭き取る
  • 除湿機を衣類乾燥モード(強)でスイッチオン!約6時間かけて乾かす

これで、1日約60円に抑えることができます。

浴室乾燥のみと比較すると、年間1万5千円以上安くなることに。季節や洗濯物の量により、浴室乾燥もちょこっと使っていますが、大きな節約になることには変わりなし!

共働きでなるべく手間をかけずにスマートな方法を考えると、わが家にとって、これがベストな方法となりました。

では続きまして、家電を使うこと以外の、洗濯に関する時短の工夫についてご紹介します。

洗濯の時短に役立つおまけ情報

洗濯に関する時短の工夫

洗濯物を減らす工夫

まず、そもそもの洗濯物を減らすために、やめたことは「バスタオル」と「マット類」です。

まずはバスタオルについて!

 

バスタオルは使わない

家族がお風呂の後で体を拭くのは、バスタオルではなくフェイスタオル

私は実家でもずーっと"体を拭くのはバスタオル"という文化で過ごしてきたので、初めは少し抵抗がありました。

しかし、

「普通に干して乾かした肌触りごわごわのバスタオル

より、

「洗濯乾燥機で乾かしたふわふわのフェイスタオル

の方が、断然時短でむしろ快適!

使い続けてたタオルも、いつまでもふわっと仕上がるので、買い替えるサイクルも長くなることで節約にもなります。

次にマット類についてです。

 

マット類は敷かない

バスタオル文化と共に、長年私の身近にあったのが家中にあるマット類でした。

  1. キッチンマット
  2. トイレカバー&マット
  3. 洗面台マット
  4. 玄関マット


しかし、特にトイレのマットは、男子たちにしょっちゅう汚されてイライラの元に!

まだおしっこを上手にできなかったりして、汚れるたびにトイレマットを洗濯するのが面倒でした。というわけで、マット類も撤去!

Aoha

おかげで洗濯の手間がなくなったうえに、掃除もしやすくなり、トイレのことで子供にイライラすることも減りました。

 

では次に、洗濯物を畳む&しまう時にしている工夫についてお伝えします。




洗濯物を畳む&しまう時の工夫

畳まなくていいものは畳まない

わが家では

  • 体をふくフェイスタオル
  • 保育園用の手拭きタオル、エプロン

は畳みません。

フェイスタオルは洗面台のタオルかけに。保育園に持っていくものはそのまま保育園リュック・バッグへぽんっ。また、みんなのパンツもそのまま引出しに入れるだけです。

ワイシャツはハンガーにかけたまま

夫のワイシャツは、干すときに単独のハンガーにかけて、乾いたらそのままクローゼットへ

他のものもすべてハンガー方式にできればいいのかもしれませんが、干す場所としまう場所の広さの関係もあり、わが家でハンガーのまま干すのはワイシャツのみです。

アイロンはどうする?

夫のワイシャツは、形状記憶仕様のものを買って、アイロンはなるべくしません。が、シワが気になるときにはスチームアイロンを使っていますよ。

しまっておくとシワのできやすい薄手のトップスやニットも、このスチームアイロンなら、ハンガーにかけたままで一発きれい!

普通のアイロンのように使うこともできるので、しっかりした素材の小学生の給食白衣は、アイロン台を使います。

子供に手伝ってもらう

8歳長男、5歳次男には、「自分のものは自分で畳む&しまう」をお願いしています。

5歳児はまだ「やりたくなーい」と気分が乗らず、「ズボン1本だけ」といった日もありますが、(むしろ、全部自分でできる日は少ない・・)少々不格好でもOK!

Aoha

お手伝いしてもらうことで、私の負担も少し減ります。末っ子の長女にも、3歳くらいになったらお願いする予定♪

 

以上、共働きのわが家で行っている、洗濯に関する工夫についてお伝えしてきました。

最後に今回のお話をまとめてみたいと思います。

まとめ

子供3人共働き家庭のわが家がたどり着いた、ベストな洗濯方法のポイントとは

  • 洗濯は朝イチに済ませる(時間の有効活用!)
  • タオルの乾燥は洗濯乾燥機にお任せ(早い&ふわふわ&安い)
  • 浴室に干し、除湿機で乾かす(節約にも!)

です。

また、洗濯時のちょっとした工夫としてやっていることは下記3つ。

  1. マット類はなるべく敷かない
  2. 畳まなくていいものは畳まない
  3. 子供にも手伝ってもらう



 

洗濯って、量も変化するし、季節や条件によって干し方や乾き方が変わってきますよね。でも、共働き家庭では便利な家電やアイテムを使いつつ、家事にかける時間を減らしたい!

中でも共働き家庭の必須家電といえるのは、ドラム型洗濯乾燥機だと思います。

 

各ご家庭により事情が異なると思いますが、時短の工夫など、今回ご紹介したことが参考になることがあればうれしいです。

私も、わが家にとってベストな方法をこれからも追求していきますよー。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。



 

管理人Aohaって?

共働き歴10年目、3人の子育て中のワーママ。 プロフィールはこちら

この記事がお気に召したら「いいね!」ください^^

 

関連ページ





この記事をSNSでシェアする!

コメントをどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください