バムとケロのシリーズに登場するキャラクター一覧!名前の由来も

バム

こんにちは。島田ゆかさん作のバムとケロのシリーズ絵本が大好きな3児のワーママAohaです。

バムケロ絵本の魅力の1つといえば、バムとケロガラゴぶーちゃんの他、主役以外にも、たくさんのキャラクターがシリーズを越えて登場すること!

中には、「このキャラクターって何者?名前は?」なんて、気になったりして。

私も、5歳の息子に何度も読み聞かせをしているうちに、バムとケロの世界にハマった1人です。そこで今回は、バムとケロに出てくるキャラクターを大調査!どーんとシェアしたいと思います。

絵本には、はっきり名前が出てこないものの、よく見るとキャラクターの名前に関するヒントがちりばめられていて、読むたびに新たな発見があるんですよ。

それでは、バムとケロに登場するキャラクターの名前やその由来について、詳しく見ていきましょう。





バムとケロの魅力あふれるキャラクター

キャラクターの名前に関しては、本文にはっきりと書かれていないものの、絵の中にヒント絵本の中にもいろいろなヒントがあります。

2017年11月号の月刊MOEでは、ガラゴ20周年を記念して特集ページが組まれ、キャラクターの秘密が次々と明らかに!あなたはキャラクターの名前をいくつご存知でしょうか?

 

では、シリーズごとにキャラクターをご紹介していきますね。

イメージの元となったモデルの動物名前の由来もこっそりお伝えしちゃいますよー。ではまず、バムとケロのシリーズに登場するキャラクターを見ていきましょう。

大好き!バムとケロのキャラクター

バム


バム

ⒸYuka Shimada./Bunkeido


面倒見が良くてしっかり者。

マイペースな相棒・ケロちゃんのフォローは、いつも完璧!

 

バムのモデルとなったのは、こちらの動物です。

ブルテリア

18世紀中ごろ交配によって生み出されたイギリス原産の犬。 かつては闘犬として活躍した。その戦いぶりから、「白い騎士」と呼ばれる。

バムのモデルになったブルテリア

モデルということで、顔がそっくりですね!

そして、気になる「バム」という名前の由来ですが、実はアンデルセン賞作家であるリンドグレーンの童話「ロッタちゃん」から!

 

ロッタちゃんのお気に入りであるピンクのぶたのぬいぐるみの名前が「バムセ」

ロッタちゃんはこのぬいぐるみを本物のくまだと思い込んでいるんですが、これを作者である島田ゆかさんが気に入ってもらってきたそうです。また「バムセ」は、島田さん自身が飼っていたハムスターの名前でもあるんですって!

島田さんが飼っていたハムスターは、他にも2匹いて、名前はそれぞれ、モッピーとらちゃん

もちろん、この2匹もキャラクターのモデルになっています。サブキャラクターのご紹介で登場しますので、お楽しみに!

続いては、もう一人の主人公のケロちゃんです。

 

ケロちゃん


ケロ

ⒸYuka Shimada./Bunkeido


超マイペース!

自分の心にまっすぐ行動する素直なケロちゃんは、しっかり者のバムといいコンビ。

 

ケロちゃんのモデルとなったのは、もちろんカエル!

作者の島田さんが、「書店で見た、子供が逆さにだっこしたカエルのぬいぐるみから」イメージしたのだとか。

おえかきが好きなケロちゃんがよく書いているのは、自画像!自分が大好きなところがケロちゃんらしくて、いいですよね。

絵本「かばんうりのガラゴ」では、ケロちゃんの超重大な秘密が明らかになります。気になるあなたは、チェックしてみてくださいね。

「かばんうりのガラゴ」のあらすじとファン必見のマル秘裏話!

2017.12.09

では、主人公に続いてシリーズに登場するサブキャラクターもみていきましょう。

 

おじぎちゃん


おじぎちゃん

ⒸYuka Shimada./Bunkeido


3本耳のうさぎ

いつもバムとケロの近くにいて、自由気ままに動き回る!

 

実は、おじぎちゃんの名前は、はっきり本文に出てこないものの、よく見てみるとあちこちにヒントが隠れています。おじぎちゃんが乗っている潜水艦にも、しっかりと「OJIGI(おじぎ)」と書いてありますよね。

他にも、ページのいろいろなところに登場し、探すのが楽しみになっちゃうキャラクターをご紹介していきますよー。




ヤメピ


ヤメピ

ⒸYuka Shimada./Bunkeido


バムとケロと同居する小さな犬

いつもバムとケロの周りにいて、一緒におやつを食べたり、遊んだり、自由に過ごす。

いまちゃん


いまちゃん

ⒸYuka Shimada./Bunkeido


今川焼の帽子をかぶっている白い犬

ふと気が付くと、バムとケロの近くにいて、市場へのお買い物にもついてくる。

マウ


バムとケロのマウ

ⒸYuka Shimada./Bunkeido


森にすむネズミ

あたたかいお茶が好きで、お供は小さなやかん。

モル


モル

ⒸYuka Shimada./Bunkeido


バムとケロの近所に住むモグラ

サングラスコレクター。(モルの後ろにつかまっているのは、おじぎちゃん♪)

ソレちゃん


バムとケロのソレちゃん

ⒸYuka Shimada./Bunkeido


なんでも屋さんのソレノドン

「バムとケロのもりのこや」でバムとケロが森で見つけた小屋の修理をしてくれる。

ちなみに、ソレちゃんのヒントになったのは、こちらの動物!

ハイチソレノドン

ソレノドン科に属するモグラの仲間。よく動く長い鼻を持ち、唾液に毒がある。カリブ海のイスパニョーラ島森林に生息。絶滅危惧種。

バムとケロのキャラクター「ソレちゃん」のモデルとなった、ハイチソレノドン(Wikipediaより)

作者・島田ゆかさんによると、「このイメージと改築中の実家に出入りする大工さんのイメージが合わさってソレちゃんに」なったそうです。

 

かいちゃん


かいちゃん

ⒸYuka Shimada./Bunkeido


天体観測が趣味のあひる

空を見ていると、つい時間を忘れてしまう。

かいちゃんが初登場する作品はこちらの記事でチェック!

「バムとケロのさむいあさ」のあらすじと知らなきゃ損する背景ネタ!

 

しましま

バムとケロのキャラクター しましま

バムとケロのおうちにいる、へびのぬいぐるみ

ケロちゃんのお気に入りで、引きずられたり、抱き枕にされたり・・。

 

お次は、市場にいる生き物たちのご紹介。「バムとケロのおかいもの」での市場には、その後のお話に登場するキャラクターが続出ですよ。

 

ヤンさん

中華帽をかぶったカモノハシ

中華料理屋さんで、「バムとケロのもりのこや」にも登場します。名前のヒントは、お店のカウンターに置かれている「ヤンさんぼきん」という貯金箱!

 

イワちゃん

占い師のペンギン

ガラゴシリーズにもさりげなく登場します。ちなみに、モデルとなったイワトビペンギンとは、こちら!

イワトビペンギン

ペンギンのイメージが、どうして占い師となったのか気になるところですね!

 

では続きまして、ガラゴシリーズのキャラクターをご紹介していきますね。

キャラクターのモデルとなった動物とは・・?




ガラゴシリーズのキャラクター紹介

ガラゴ


ガラゴ

ⒸYuka Shimada./Bunkeido


ガラゴシリーズの主人公。

お客さんにぴったりのカバンを選び出す、かばんうり。寒いのが苦手で、冬になると店じまいをして家に帰り、あたたかいお風呂に入る。

ガラゴのモデルになったのは、なんと実在する動物!その名も、ショウガラゴです。

ショウガラゴ

ガラゴ科に属するサルの仲間。別名ブッシュベイビーとも。大きな目と耳、がっしりとした足が特徴。夜行性で、ジャンプが得意。アフリカのサバンナ林に分布する。

島田さんのインタビューによると、ガラゴは、「ショウガラゴにメガネザルの要素を少し追加した」のだそうですよ。ぐりぐりっとした目や大きな耳、長いしっぽがガラゴにそっくりですよね。

 

続きましては、ガラゴのお友だちをチェックしていきましょうー。

 

ガラゴのお友だち

ガラゴのお友達は「うちにかえったガラゴ」の中でたくさん登場します。では、ガラゴのおうちに訪ねてくる順番に、キャラクターをご紹介しますね。

まずはハムスターのとらちゃんです。

 

とらちゃん

雑貨屋を営むハムスター

島田さんが飼っていたハムスターの1匹がモデルになっています。「バムとケロのおかいもの」で市場のシーンにも登場し、雑貨屋さんをしています。市場に出している看板には「TORA(とら)」の文字が!

 

らくちゃん

ピーナッツ売りのプレーリードッグ

らくちゃんの名前の由来は、やっぱりピーナッツ(落花生)の「らく」かな?

 

ぷるどちゃん

バムとケロのおかいものの市場にもさりげなく登場しているチワワ

名前の由来はチワワのアップルドームヘッド。文字をよく見てみるとー??「アッ”プルド”ームヘッド」!「ぷるど」の文字が隠れていますよね。

ガラゴのお友達「プルドちゃん」のモデルになったアップルドームヘッドのチワワ

「アップルヘッド」や「ドームヘッド」とも言い、チワワの頭がリンゴのような形になっていることを指すんだそうです。とは言え、ぷるどちゃんの頭の形は、軸まで付いていて、まさにリンゴそのもの!(笑)

 

こみみさん

台所用品を売るオコジョ

耳は帽子に隠れていますが、一見ウサギのようで、耳の小さいオコジョがモデルなので、「こみみ」という名前だと想像されます。

オコジョの写真

 

キャラクターの名前が次々と明らかになる「うちにかえったガラゴ」は下記で詳しくご紹介しています。本文では触れられていない裏話も満載ですよ♪

「うちにかえったガラゴ」のあらすじと知って楽しい裏ネタとは?

2017.11.28

 

さらに、ガラゴシリーズのキャラクターは、絵本「バムとケロのおかいもの」にも登場しています。ぜひ、こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

「バムとケロのおかいもの」のあらすじと他シリーズとのつながりとは?

2017.11.30

 

さて、最後にご紹介するのは、ぶーちゃんとおにいちゃんシリーズのキャラクタ―たちです。絵本の本文にはでてこない、おにいちゃんの名前とは~・・?




ぶーちゃんとおにいちゃんのキャラクター紹介


ぶーちゃんとおにいちゃん

ⒸYuka Shimada./Bunkeido


弟の「ぶーちゃん」、そして、おにいちゃんの名前は「ぼんちゃん」です。

ぶーちゃんとおにいちゃんのモデルになったのは、イギリスの新聞の挿絵として掲載されて人気になったというボンゾ(BONZO)

 

Aoha

ちなみに、ボンゾとはこちらの犬!ちょっとたるんだ皮膚の感じが、ぶーちゃんたちに似てるかも!

 

では次に、ぶーちゃんの家に住んでいる、小さなキャラクターたちをご紹介していきますね。

 

しなもちゃん


しなもちゃん

ⒸYuka Shimada./Bunkeido


ぶーちゃん達の家で、自由に暮らす茶色いうさぎ

ぶーちゃんたちとお昼寝したり、お絵かきしたり、動向が気になる存在。

 

とかげ

洋ナシの家に住んでいるとかげ

最後のページでは、洋ナシから出てきて窓の外を覗いています。

 

こうもり

ぶーちゃん達の部屋に住んでいるコウモリ

ページごとにビミョーに位置が変わっています。次のページにはどこにいるかな?なんて探すのが楽しみに。

 

モッピー


モッピー

ⒸYuka Shimada./Bunkeido


神出鬼没のふわふわの毛をしたハムスター

島田さんが飼っていたハムスターの1匹がモデルになっています。ページ中に、かわいらしい後姿で登場することが多し。もふもふしたおしりがかわいらしい♪

 

まとめ

いかがでしたか?

島田ゆかさん作の絵本シリーズには、メインキャラクターのバムとケロ、ガラゴ、ぶーちゃんとおにいちゃん以外の登場キャラクターがいっぱいいましたね。

主人公以外のキャラクターたちが、物語をいろどり、より魅力的なものにしていることは言うまでもありません!

「あ、こんなところにこんなキャラが!」

なんて、小さな発見をするのも、このシリーズの楽しみ方。

絵本「バムとケロ」のシリーズが超おすすめ!大人もハマる理由とは?

2017.11.04

わが家でも、夜寝る前に子供と一緒にバムケロシリーズの絵本を読み、物語に入り込むのが日課です。

シリーズに登場するキャラクターに詳しくなると、絵本がもっと楽しくなる♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



 

管理人Aohaって?

共働き歴10年目、3人の子育て中のワーママ。 プロフィールはこちら

この記事がお気に召したら「いいね!」ください^^

 

関連ページ





この記事をSNSでシェアする!

コメントをどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください