保育園児の朝の支度にイライラ!楽ちんスムーズに準備するコツ5つ

どうしよう!と焦る人

「朝、保育園の準備がなかなか思い通りに進まない。毎日イライラしちゃう!」


こんにちは。保育園児2人を持つ、3児のワーママAohaです。

ママだって身支度や最低限の家事とか、しないといけないことがあるのに、

  • 子供が朝なかなか起きない
  • 朝ごはんを食べない
  • 服を着替えたがらない
  • 家を出る時間になってもグズグズ

となると、一日の始まりが憂鬱でしかたないですよね。

私も以前は、毎朝バタバタの繰り返しで子供に怒ってばかり。しかし、試行錯誤を繰り返した今では、朝の支度をかなりスムーズに進められるようになったんです。

そこで今回は、毎日保育園児2人を預けて働く私が実践している、朝の準備を楽にするコツ5つご紹介します。

Aoha

どれも効果があった方法なので、毎朝大変でお悩みのあなたにとって、参考になればうれしいです。





保育園児の朝の支度をスムーズに進めるコツ

毎朝、保育園に行くまでの間に私が実践しているコツは次の5つです。

  1. 子供は、時間をかけても慎重に起こす
  2. 朝ごはんは、シンプル簡単に
  3. 自分の身支度を優先的に!
  4. 支度にかかる時間を子供と決める
  5. 朝はバタバタ! という思い込みを捨てる

ではまず、スムーズな朝のスタートを切るためにで肝心な、子供の起こし方からお話していきますね。

朝のスタート!子供の起こし方

寝ている子供

朝は、まず子供を起こすことから始まりますよね。

ここを失敗して朝一番から不機嫌になられると余計に時間がかかるので、慎重に!

私が工夫していることは、

  • 余裕をもって、家を出る1時間前には起こす
  • 子供に寄り添って、声かけは「優しく誘う」

です。

時間に余裕をもつのは、ここで「慎重に起こす」ことに時間をかける価値があるから。

また声かけは、

ワーママ
ほら!朝だよー!起きてー!

と、遠くから大声なのはNG!

 

体に近く寄り添って、

ワーママ
朝だよー。一緒に起きようー?

と、優しく誘うようにします。

 

また、

Aoha
今日の朝ごはん、食パンか小さいおにぎりどっちがいい?

とか

Aoha
今日の保育園でお誕生日会があるねー

など、

本人が楽しみな朝ごはんや今日のちょっとしたイベントを話題にしてみるなどして、起きるのが楽しくなるように誘います。

 

「食パンにジャムがいい!」

とか、

「そうだ、プールがあるんだった!」

 

と、子供が気持ちよく起きてくれればラッキーです。ここで少々時間がかかっても、後のことを考えると、ここで機嫌を損ねないことが1番重要!

 

あとは、先に起きている兄弟に起こしてもらう。という方法もあります。ママ以外が起こした方が新鮮なのか、効果的なこともあるので兄弟のいるご家庭は試してみてくださいね。

 

では次に、朝ごはんについてのポイントです。

朝ごはんはシンプル簡単に。残してもOK!

トーストと果物のシンプル朝ごはん

朝ごはんでの困りごとは、

  • 準備したものを食べたがらない
  • 食べるのに時間がかかりすぎる

といったことではないでしょうか。

 

しかし、時間が限られる朝は、子供が食べ切れる量で少なめにすることがポイントです。種類が多かったり、量が多かったりすると、子供にとってもプレッシャー。

そうして食べるのに時間がかかると、今度はママがイライラ!と、あまり良いことがないんですよね。

 

ちなみにわが家の定番は

パン+果物

パンケーキ+果物

です。

共働き家庭のリアルな朝ごはん!簡単メニューで子供も喜ぶ

2018.03.07

 

できれば和食で、用意したものをしっかり食べてほしい、というのが本音。

とはいえ、無理をさせず、果物だけでも食べれば、主食はひとかじりで良し!としていますよ。

 

次に、いよいよ保育園に出発するまでの支度についてのコツです。朝の支度には優先度があるんですよー。




自分の身支度を優先的にする

洗面所でメイクをするママ

朝の支度は優先度が重要!

食器の片づけや掃除など、帰ってからできることは優先度を下げます。逆に

  • 保育園にいく準備
  • 自分の身支度

は絶対に欠かせませんよね。

しかし、子供のことや家のことに気を取られて、自分のことは後回しになりがちではないでしょうか。

 

私の場合は、

  • バタバタして気づいたら、まだすっぴん!
  • 急いで着替えたから、服が裏表逆!(上司に指摘されてようやく気付く・・)
  • お化粧だけして、髪の毛が寝ぐせだらけ!

みたいなことがありました。

 

自分の用意が済んでいれば、心に余裕が生まれます。

朝の準備は優先度を考えて、ママの身支度は早めに済ませてくださいね。

お次は、少しお話がわかるようになった3,4歳くらいからの子供に効果的な方法です。

保育園の支度にかかる時間を子供と相談して決める

掛け時計

朝から子供に対して、

「朝だよ!起きてー!」

「はい、朝ごはん食べてー!」

「食べたら歯磨きしてー!」

「はい、支度してー!」

と、指示ばかりになっていませんか?

 

時間までに保育園に行かないといけないので、当然ですよね。

でも子供にとっては、言われるばかりで、「なんでそんなに急ぐの?」と呑気なもの。

 

そこで、お話が分かるようになってきた4歳くらいの子供には、保育園に行く前に

Aoha
長い針が12になったら出るよ。保育園にいく仕度は、どの針に始めたらいいと思う?

などと、相談します。

すると、

「うーん。10、かな!」

と、意外と現実的な答えを返してくれるんです。(あまりにもおかしければ、ママがフォロー)

そのあとは

Aoha
10の針になったよーっ

と伝えるだけでOK。

 

初めは動きが鈍くても、

「うーん、自分で言ったことだし。。仕方ないなー」

という感じで動き出します。

 

これは、人に言われたことより、自分で決めたことの方が達成しやすいという法則。

 

もちろん、時間になったからといってスパッと行動に移すことはできないかもしれないけれど、ママが何度もうるさく指示しなくて済むので、楽ちん。

 

「子供に主体的になってもらう」というのが大事なポイントです。

 

では最後に、もっとも重要となる「心構え」についてご紹介します。

「朝がバタバタ忙しい」という概念を捨てる

きっといい朝になるというイメージを持つ

これは一番おすすめな方法なのですが、「朝は忙しい!」という思い込みを一度捨ててみることです。

いつもの朝を迎える前に

子供が機嫌よく目を覚まして、

朝ごはんもよく食べて、

朝の支度もスムーズにできて、

保育園にニコニコで登園する!

という良いイメージを膨らませてから動き始めてみてください。

 

すると不思議なことに、

今からまたバタバタな朝が始まる…。やだなぁ。

全然起きないし、朝ごはんは残されて、保育園に行く前にぐずるんだろうなぁ

なんて考えた場合より、ずっとうまくいくんですよ。

もちろん時計は確認しつつになりますが、ママがふっと力を抜いて臨むと楽チンな朝になります。

おまじないだと思って、一度やってみてくださいね。

 

では最後に今回のお話をまとめてみたいと思います。

まとめ

朝、保育園に行くまでの支度がスムーズに進むコツとして5つのことをお伝えしました。

  1. 子供を起こし方は優しく、誘う
  2. 朝ごはんは簡単に、少なめでOK
  3. 自分の身支度を優先的にする
  4. 支度にかかる時間を子供と決める
  5. 朝はバタバタ!という思い込みを捨てる

特に最後のママの心構えは超重要!

まずは朝、少し時間に余裕をもって「こんな朝になったらいいなー」というイメージをしてみてください。

私もついつい「あー時間がない!毎朝バタバタ!」なんて思ってしまいがちでしたが、「大丈夫。するするーっと支度して保育園にたどり着ける」とイメージして力を抜くようにしています。

ご紹介した5つのコツ、お試しいただけるとうれしいです。

お互い工夫しながら、ママも子供も朝をごきげんに過ごせるようにしたいですね!



 

管理人Aohaって?

共働き歴10年目、3人の子育て中のワーママ。 プロフィールはこちら

この記事がお気に召したら「いいね!」ください^^

 

関連ページ





この記事をSNSでシェアする!

コメントをどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください