保育園の入園準備!1歳児に必要なものリストを公開します

保育園 1歳児 入園準備

こんにちは。3児のワーママAohaです。

無事に保育園への入園が決まったあと、準備期間って意外と短いんですよね。

入園準備ママ
できるだけ早く準備したい!手作りしなきゃならないものはある?
入園準備ママ
実際、着替えって、どんなものが何枚必要なの?

待ちに待った入所許可通知。詳しい持ち物は入園説明会でわかるとは言え、準備時間がな少ない場合もありますよね。私はこれまでに、

  • 認証保育園に2園
  • 認可保育園に2園(民営化の前と後)

と、今までに4つの保育園を経験しましたが、園によって準備するものが微妙に違いました。
そこでこれまで4つの保育園に子供を通わせている私が、特に1歳児の入園準備で必要なものについて、

  • 何がいるのか
  • どんなものが使いやすいか

についてお伝えしていきます。意外な注意点もありますので、要チェックですよ!

ではまず、私の子供が現在通っている保育園での、1歳児の準備物からご紹介しますね。





入園準備!1歳児クラスに必要なものリスト

毎日必要なもの
  • 着替え  3組
  • オムツ&おしりふき 1日に使う量
  • 靴下  1足
  • 食事用エプロン  2枚
  • おしぼり  3枚
  • ハンドタオル  1枚
  • フェイスタオル 1枚
  • 汚れもの袋  大小1枚
  • 外遊び用の靴  1足

やっぱり多いのが着替えタオル類。毎日洗濯するとしても、それぞれ最低必要な量×2は準備しておく必要があります。

Aoha
保育園児が2人のわが家は、こまごました洗い物が毎日大量!

ちなみに、外遊び用の靴は、通園靴とは別。園で預かってもらうものです。

また、中には毎日持ち帰る必要のないものも。

週に1回交換するもの
  • 毛布カバー(冬季)またはタオルケット(夏季)  1枚
  • 敷布団カバー 1枚

原則、週末に持ち帰るカバー類ですが、予備を含めるとやはり2セットは必要

これらの布団類については保育園によって、不要だったり、サイズ指定だったり、対応が分かれやすいです。

では、その他に準備が必要なものについてみていきましょう。

通園バッグ

毎日の持ち物を考えると、0、1、2歳児は大きめのものが必要になります。乳児クラスはママ用の通園バッグになりますが、3歳児以上は、自分でリュックを背負って登園しますよ。

Aoha

自分から背負いたくなるリュックを選んであげたいですね。

 

お次は、雨の日に必要なグッズです。

雨具

自転車で通園場合や、雨の日でも自分で歩きたがる子供の場合は、レインスーツ長靴が必須。

私も、自宅から遠くの保育園に通っていたころは、雨の日はバスを利用していたので、子供用のレインスーツを準備していました。

Aoha

90センチくらいの雨具って、あんまり使わないけどかわいい♪


入園後、しばらくしてから必要になるグッズもありますよ。

シーズンもの

入園時点では不要ですが、夏には、水着や水泳帽プールバッグが要ることも。

冬には防寒としてジャンパーが要りますし、特に自転車通園の場合は、手袋、マフラーが必須ですね(ママの分も!)。

また幼児クラスになると、調理実習用にエプロンを持っていくこともあります。

 

では次に、どの保育園でも必要になる着換えの洋服は、いったい何枚用意したらいいのか、見ていきましょう。




保育園も必要な着替え!どれくらい準備するの?

保育園に持っていく着替え

特に乳児クラスでは、外遊びや食事のたびに、しょっちゅう着替えさせてくれます。だから洗濯物が大量に。。

Aoha

保育園から「ロッカーに上下3組の着替えを常備してください」と言われるのも納得。


とはいえ、実際には、一日に最低1回、多くて2回の着替えが多いです。ただ、たまに

  • 食事をこぼしたり
  • 泥で汚れたり

が重なり、本当に3回着替えることも。

というわけで、やっぱり最低上下6組は準備が必要ですね。

 

保育園用の服で注意点としては、

  • 子供が動きやすいもの
  • 汚れてもいい服
  • 紐が付いていないもの
  • スカートは禁止
  • フードも禁止

です。

ポイントとしては、子供が動きやすいのはもちろん、保育士さんが着せやすいこと。

ただし、園によってはキャラクター禁止だったり、ズボンの長さの指定があったりするので無理に購入しておく必要はないですよ。

でももし、用意するなら、ボタンシャツや、ぴちっとしたデザインではなく、綿素材で脱ぎ着しやすい服がおすすめ!

Aoha

フードやひも付きの服は避けるべし!


そして、空調が管理されている保育園では、冬服でよくある裏起毛のトレーナーは不要だと思います。お下がりをもらったり入園前に買い足したりする場合は、これらの条件を要チェックしてくださいね!

次に気になるのが、入園準備でよくある手作りグッズについてです。ミシンもなく超不器用な私が、どう乗り切ったのかというと・・?




入園準備グッズは手作り?通販?

保育園の入園準備で一番困るのが、手作り指定のものではないでしょうか。

私の子供が今通っている園では、毛布カバー、敷布団カバーが既製品にはないサイズ。しかも、毛布カバーの内側4隅には、毛布を固定するためのひもを付けなければなりません。

でも、忙しいママに手作りを求めるのは難しいですよね??

カバーを縫うのに、ミシンは必要?

お裁縫の得意なママなら手作りされると思いますが、わが家にはミシンもなければ不器用さには自信がある私。(中学校の家庭科で作ったパジャマには大きな穴を空けました。。)

Aoha
洋裁が得意な義母に頼りたいところですが、遠方なのでわざわざお願いするのも忍びないし。

 

そこで私が選んだのは、通販です!

「他の子とかぶっちゃうかも・・」

なんて心配もありましたが、同じクラスを見てみても、意外といませんでした!(みなさん、手作りしているということ・・?)

 

通販で注文すると、カバーのサイズを指定でき、開口部もファスナーやボタンが選べます。

入園前の時期は込み合うので少し時間がかかりますが、説明会が終わってすぐに注文すれば充分間に合いましたよ!

 

お次の手作りアイテムは、タオルエプロンです。

意外な手作りグッズ? タオルエプロン

また、以前の保育園では、食事用に手作りのタオルエプロンが指定されたことがありました。

でも、作り方はとっても簡単。

  • フェイスタオルを二つ折りにする
  • 折ったところを、ゴムが通るように直線縫いする
  • ゴムを通して、結んだら完成!

こちらの動画で紹介されている通り、縫うのは「直線」かつ「1か所のみ」

 

ぶきっちょな私ですが、なんとか手縫いで出来ました

Aoha

保育士さんもつけやすく、タオルなので吸水性もばっちりなタオルエプロン。指定されるのも納得なので、作ってみるのもおすすめですよ。


お次は手洗い後に使うループタオルです。

ループ付きタオルは100均アイテムで

保育園で使うことが多いのがループタオル。正方形のタオルの端にループがついているものはよく販売されていますよね。

ところが、フェイスタオルの中央端にループがあるもの が指定されることも。タオル掛けにかけて使うためにループが必要だそうなのですが、市販ではなかなか売られてないんです。

そこで便利なのが、100均ショップにも売っている、紐付き(ループ付き)ワッペン。

このワッペンを、フェイスタオルにアイロンもしくは縫いつければ完成です。私はアイロンタイプのループ付きワッペンで手作りしましたよ。

 

さて、園により指定が異なる持ち物ですが、いったい入園準備はいつからするのがいいのでしょうか。ポイントを確認していきましょう。




そもそも、入園準備はいつからすればいい?

入園が決まったら、できれば早めに準備したいですよね。

しかし、せっかく購入しても全然違うものやサイズを指定されたりしては、かかったお金が無駄にことも

保育園によっては、細かく指定があったりするため、本格的な準備は入園説明会が終わってから始めるのがおすすめですよ。

たとえば、こんなものが違うんです。

園によって準備するものが違う例
  • 布団カバー類
    • 保育園によりサイズが異なる(園で用意してくれる場合も)
    • 布団そのものや、布団用のカバン
  • 食事関係
    • 手作りのタオルエプロン指定
    • エプロンの袖なし、袖ありの指定
    • 1歳児はコップがいらないかも
    • おはしセットがいることも
  • かばん類
    • 園指定の場合
    • 通園バッグの形状に指定あり
    • プールバッグは不要なことも
  • タオル類
    • ループの位置
    • (プールの時)着替えタオルの指示

 

着替えが大量にいる洋服でさえ、「絶対これで大丈夫」とは言い切れないのが現実。同じ保育園に通っている知り合いがいて、詳しく聞ければラッキーですね。

Aoha
どーうしても気になる場合は、電話で聞いてみるのが確実です。できれば、保育士さんが比較的手の空くお昼寝時間帯に。。

では最後に、今回のお話をまとめていきます。

まとめ

この記事では、4園通った私の経験から、特に1歳児の入園準備について必要になりそうなものをご紹介しました。

保育園への入園が決まったら、なるべく早く準備したいと思うもの。

育休復帰ママ

手作りのものは早めに取り掛かりたいし、こまごましたグッズは冬のセールの時にまとめて買っておきたい!


なんて事情があったり。


しかし、無駄買いを避けるためにも、先走るのはNGでしたね。基本的に、入園準備は、説明会を待つのが確実。

 

大きな手作りグッズとしてあげられるのは、布団カバーですが、私のように通販を利用するなら説明会の直後でも間に合いますよ。

Aoha
慣らし保育をする場合は、お昼寝はしばらく後なので、焦らなくても大丈夫。

 

もし事前に買うとしたら、通園で必要になる雨具や、シンプルなお洋服をおすすめします。保育園用におさがり服をもらう場合は、

  • 綿素材
  • フードなし
  • 紐やリボンの装飾なし
  • スカート以外
  • キャラクター以外

であれば、ほぼ問題ないと思います。ポイントを押さえて、保育園準備を楽しんでくださいね♪


持ち物の名前付けは、下記記事も参照ください。

保育園の持ち物!名前付けのおすすめグッズと付け方のまとめ

2017.10.17

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



 

管理人Aohaって?

共働き歴10年目、3人の子育て中のワーママ。 プロフィールはこちら

この記事がお気に召したら「いいね!」ください。最新情報をお届けします^^

 

関連ページ





この記事をSNSでシェアする!

コメントをどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください