子供が言うことを聞かない!4歳児に困った私が救われた3つの真実

不機嫌な男の子

お悩みママ

無視したり、口ごたえしたり。子供が全然言うことを聞かないっ!

お悩みママ

毎日毎日同じことで怒っちゃって、もう嫌!

 

こんにちは。男の子2人、女の子1人の子育てに日々奮闘している
3児のワーママAohaです。

話ができるようになってきた4歳児に、言葉のやり取りでイライラしてしまうってことありますよね。

  • 着替え
  • 歯磨き
  • 片付け
  • 朝の準備・・

私も、4歳次男と毎日同じことでぶつかり、「どうしたらいいんだろう」と悩んでいました。

そんなときに児童館の図書コーナーで、たまたま出会ったのが『子育てハッピーアドバイス』という本でした。

ふと手に取り、パラパラとめくっていくと、ある章の1文に目がくぎづけに。

「子どもの相手をしていると、カッとなってキレてしまう。どうしたらキレなくてすむのか」

 

さらには、言うことを聞かない子供の特徴が、なんと4歳の次男にドンピシャ!

じっくり読んでみると、「全然言うことを聞かない!」とイライラしていた気持ちがすーっと楽になったんです。

また、どうしたら言うことを聞かない子供にキレなくてすむのか? という問いに対するヒントには、心から納得。キレない子供に育てるための答えが、ぐっさり胸に刺さりました。

同じ4歳児を育てるあなたにもぜひシェアしたいと思いますので、紹介させてくださいね。

言うことを聞かない子供の現実とは?

4歳くらいのまだ幼い子供の現実子育てハッピーアドバイスの中であげられていたのは、次の3点です。

  1. 子供は自己中心的
  2. 子供は失敗する
  3. 子供は言うことを聞かない

 

Aoha
言うことを聞かないのが現実だったとは。まさに!やっぱり!!

 

つまり、親が子供に

  • 相手を思いやって行動する
  • 失敗しないようにする
  • 「はーい」と言うことを聞く

という、現実とは反対のことを求めているから、全然思い通りにならず、腹が立っていたというわけ。

でも、「やっぱりそういうものか」と、諦める必要はありません。それぞれにはちゃんと理由とメリットがあるんだそうです。

では、一つずつご紹介していきますね。




子供は「自己中心的」です

子育てでイライラしてしまうときのアドバイス

子どもが自己中心的なのは、まだ相手のことを考える能力が育っていないから。

4歳にもなると、ある程度おしゃべりもできるし、ついつい「言ったことが通じる」と思ってしまいます。

でも、まだ4歳。

ぷんぷんママ

さっき約束したばかりなのに、もう忘れてる!

イライラママ
お風呂になかなか入らない。入ったと思ったら遊んで全然出てこない! やっと出てきたら今度は裸のままでに遊んでるー!
お悩みママ
思い通りにならないと、すぐに不機嫌になって叫ぶ!

 

なんてことがありませんか?
これは、相手とか周りのことがまだ意識できていない証拠。

でも、自己中心なのは成長の証なんだそう。

自己中心的なのは自己主張ができる証拠

自己中な子供に対して、「なんて自分勝手な!!」と思いがちですが、これは正しい成長の現れなのだそう。

本には次のようにありました。

相手のことを考える能力の前に、まず自己主張をする能力が必要です。
それが、健全に育っている証拠です。

親にとっては"イライラのもと"。

でも、

  • 自分の意見がなく、周りにばかり合わせて行動する子
  • しっかりと自分の意見が相手に言える子

2つを比べてみて、あなたはどちらに育ってほしいでしょうか。
"自分勝手"にとられる4歳児の行動も、健全な成長のひとつなんですね。

では次に子供が「失敗する」という現実についてご紹介しますね。

子供は「失敗します」

言うことを聞かないのが当たり前!

子供が失敗するのは、未来を予測する能力が育っていないから。

  • みそ汁をしょっちゅうこぼす
  • ごはんを上手によそえずに落とす
  • 字がうまく書けない

などなど、いろんなことがまだ上手にできないのは、考えてみれば当たり前です。

でも「あー、もうまたできてない!」と、口を出したり、頭ごなしにおこったりすると、

「また失敗しちゃった」
「もう失敗して怒られたくない」

自信を失わせてしまうという結果に。でも、失敗してこそ得られるものがあるんですよ。それは何かというと?

失敗によって、学習する

失敗したときに「違う!」「またやらかした!」と怒ると、子供は「どうせ自分はできない・・」と、新しいことに挑戦する意欲を失ってしまいます。


子供は、失敗することで色々なことを学習するチャンスを得ている!
のだそう。

確かに。つい口を出してしまいがちですが、親は子供の失敗を笑って受け止めることが大事だと思い知らされました。

人から言われた通りのことをやって、それができても、自分の本当の力にはならないんですよね。

"温かく見守る"こと。今までできてなかった私としては大きな試練です。

失敗して、自分で考えるからこそ、成長する!そう考えて、ちょっと遠くから見るようにしたいです。

Aoha
自分だって失敗すること多いもんね

3つ目の子供の現実はまさにそのもの。「言うことを聞かない」だそうです。




子供は「言うことを聞きません」

4歳くらいの男の子

子供が「言うことを聞かない」のは、人の意見を冷静に聞く能力が育っていないから。

4歳にもなって言葉のやりとりができると、親の意思が通じると思っちゃいますよね。

でも現実は、、

  • 『やって』と言うとやらず『やめて』と言うことばかりする。
  • 注意しても無視する。『でも』『だって』と口ごたえする。
  • 着替え・歯磨き・・。毎日、同じことを言ってるのにやらない

なんてことは日常茶飯事。

子供が言うことを聞かない!どうしたらいいの?と悩んでしまいますが、実は悩むべきことではなかったことにハッとしました。

言うことを聞かないのは、自立心の現れ

なんと、「言うことを聞かない」のは「自立心が育っている証拠」とのこと。私もそうですが、無意識のうちに「親の言うことは聞くものだ」という考えがありませんか?

でも、子供が言うことを聞かないのは

  • 子供が自分で考えているから
  • その子なりの考えをしっかりと持っているから

ということの現れなんですね。

つまり、周りや親の言うことをただ従うのではなく、子供が自分軸をもっている、という証拠。

こんな風に考えると、周りの人や近しい人が言ってるから。。という理由で行動する大人よりも、よっぽど素敵だなぁと思えてきます。

「なるほど。あなたはそういう考えなのね!」と尊重することも大事なんですね。

最後に、「キレない子供に育てるためにはどうしたらいいでしょうか」という質問に対するコラムが、グサッと心にささったので、ご紹介しますね。

キレない子供に育てるためには

キレない子供にするためには大人がキレないこと

キレない子供に育てるための答えは、はっきりと一言。

「キレない親になること」

実は思い当たることがあり、どきーんとしました。確かに、私がイライラして大きな声をだしてしまったときのこと。子供たちにも連鎖して、ついに3人それぞれ叫びだして収拾がつかなくなったことがあったんです。

 

何か都合が悪いとき、親自身が誰かや何かのせいにしてキレていたら、「こういうときは叫べばいいのね!」と子供も学習してしまうんですね。

それにまた「カチン」ときて親がキレてしまったら・・・考えるだけで恐ろしい。

 

それでは、今回ご紹介したお話をまとめてみます。

まとめ

まず、4歳児を代表とする幼い子供の現実として、以下の3点がありました。

  • 子供は自己中心的である
  • 子供は失敗する
  • 子供は言うことを聞かない

「子供が言うことを聞かない!」と感じるのは、これらの現実と反対のことを子供に求めているから。

ただし、これらの現実は

  • 自己主張する能力が育っている
  • 失敗から多くのことを学んでいる
  • 自立心の表れである

というように、子供が本当の自分の力を身につけるため、健全に成長している証拠でした。

4歳児の次男に対して、「全然言うことを聞かない!」と、毎日怒るのが嫌になっていた私ですが、

Aoha

子供は「言うことを聞かない生きもの」なんだ!
しかも、それがいいことなんだ!


と、気持ちにゆるんで、楽になりましたよ。

怒ってばかりで悩んでいたことも、「子供がちゃんと育っている証拠」と捉えると安心します。

また本文には、子育て中にイライラしてしまうお母さんに対して、

「一生懸命、子どもにかかわっておられるからこそ、でてくる悩みだと思います。」

とも書かれていました。(じーんとしちゃう。。)

言うことを聞いてくれない、と悩むのは、子どもへの熱い思いがあるからですよね。よその子がわがまま言っていても、そんなになんとも思わないけど、自分の子供だから悩んじゃう。

 

いかがでしたでしょうか。子供を見守る温かい目が育てられるこの1冊、ピンときた方は手に取ってみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




 

管理人Aohaって?

共働き歴10年目、3人の子育て中のワーママ。 プロフィールはこちら

この記事がお気に召したら「いいね!」ください^^

 

関連ページ





この記事をSNSでシェアする!

コメントをどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください