保育園に行きながら習い事は必要?ママが子供のためにできること



「保育園児に習い事は必要なの?」

こんにちは。3児のワーママあおはです。わが家は共働きのため、子どもたちは3人とも保育園を利用。

ママのアイコン画像ママ

保育園に通っていて習い事もさせたほうがいいの?

子供のために、何か習い事をさせてあげたほうがいいのかどうか、悩むママも多いと思います。

あおはのアイコン画像あおは

保育園ではお勉強がないし、学習面で差が出てしまいそう

私もそんな風に思っていました。

しかし、そんな時にヒントになったのが、有名な脳科学者、茂木健一郎さんの著書「5歳までにやっておきたい 本当にかしこい脳の育て方」。

本を読んで、本当の意味で賢くたくましい子に育つには習い事に通うことよりも、大切な事があると感じました。

しかも、それは親だからこそ、できること。

時間がなくても、子供を大事に思うワーママへのヒントが盛りだくさんでした。

そこで今回は、この本の内容から、保育園児にどんぴしゃな0~5歳までの子どもとの向き合い方を私なりに整理してシェアしたいと思います。

目次

保育園児に習い事は必要?親にもできることはないの?

5歳までにやっておきたい 本当にかしこい脳の育て方を読んで私が感じた、子育てに重要なヒント2つをご紹介したいと思います。

  1. 乳幼児期の過ごし方が最も重要である理由
  2. たくましく賢い子に育つためにできること
あおはのアイコン画像あおは

共働きで時間のないママにとって、耳が痛い事実も。。

ではさっそく、なぜ0~5歳までが重要なのか?について見ていきましょう。

保育園に通う乳幼児期が最も重要な理由とは

脳を育てる

最新の研究データによると、脳は3歳までに80%が完成するといわれており、もっとも遅く発達する社会性5、6歳ごろまでには基礎が完成するのだそう。

だから、0~5歳までが子どもの脳の土台作りになる大切な時期!

そして、この土台作りのためには「5歳までの間にできるだけドーパミンを出せるようになる」ことが必要なんですって。

茂木先生は、このことを脳科学者としての結論とまでおっしゃっています。

ドーパミンとは、「うれしい、楽しい」と感じるときに分泌される成分。
脳内報酬とも呼ばれる。ドーパミンが出れば出るほど意欲が増して、積極的に取り組めるようになる。

例えば、

  • スティーブ・ジョブズ
  • ビル・ゲイツ
  • アインシュタイン

…など、天才と呼ばれる彼らは、夢中になれることを見つけ、熱中し、集中してやり遂げた方たち!

この夢中になることを見つけて最後までやり切る力こそ、ドーパミンによるもの。つまり、天才とは幼いころにドーパミンを出せるようになっている人

あおはのアイコン画像あおは

夢中になるものを見つけて熱中してやり遂げる。この経験を小さいときから積むことが重要なんですね

このサイクルができれば、子供が将来どんな道に進むとしても、たくましく生き抜くための「本当のかしこさ」を持った大人になれるというわけ。

ママのアイコン画像ママ

じゃあ、ドーパミンサイクルはどうやって作ればいいの?

本にはたくさんの方法が書かれていたので、ピックアップして紹介していきますね。

ただ、保育園児の親にとってショックを受けることも書かれていたので、このお話を先にお伝えしたいと思います。一体どんなことかというと・・?

親がかけた時間だけ、子供ははかしこくなる!?

勉強に熱中する子供

子供を保育園に通わせる親にとって、耳が痛いことを引用しますと・・

重要なポイントは、親が子供にかけた時間に比例して、0~5歳の子供の脳はどんどん賢さを増すということ。つまり、ご両親がどれだけ子どものために時間をかけられるかどうかが、0~5歳の子育てには重要なのです。

また、受け身的な人間に育つのではなく、もっと前向きな自主性や積極性を持った子どもになってほしいなら、お父さんお母さんが手間ひまをかけて一緒に遊んであげることが必要なのです。

ママのアイコン画像ママ

やっぱり、両親がしっかりと子供に向き合わないと、かしこい子には育たないのか・・

と、落ち込まないでくださいね。

確かに、本で紹介されていたトレーニング(遊び)の方法は、大人のサポートが必要な事が多いです。

でも考えてみたら、0~5歳の子供は、まだ放っておいて一人で遊べる時期とはいえないし、当然といえば当然かも。

本では、ドーパミンサイクルを作り出すための遊びがいくつか紹介されていました。

「これは無理ー!」と感じるものもありましたが、参考になるので合わせて紹介しちゃいます。

  • おえかき
    • 空間認識能力・表現力・想像力を鍛える最高の遊び。描いたものをホチキスで留めて絵本にするなど、もう一工夫するとベスト!
  • 図鑑をみる
    • 好奇心が刺激される!興味のあるものはじっと見つめるので、興味の兆しをとらえやすい
  • 英語の本を読み聞かせ
  • 自由度の高い遊び
    • 自然の中で遊ぶ
    • 自分たちでルールを決めて遊ぶ
    • 遊び方の決められたゲームよりも、積み木やブロック、囲碁や将棋
  • ごっこ遊び
    • ビニール袋、段ボール、雑多なもので自由に想像させながら
  • かくしっこ
    • 庭や公園で、石やハンカチなどを隠して見つける

などなど、遊びを親子で楽しんでやることが、子どもの脳を育てるんだとか。

あおはのアイコン画像あおは

おえかきや読み聞かせ、図鑑や自由遊びって・・保育園でやらせてもらっていることと同じ!

そう。親がやってあげられなくても、保育園で経験させてくれていることは子供の成長に大切な遊びばかり。

また本では、ママが手軽にできることもたくさん紹介されていましたよ。

例えばどんなことかというと・・?

習い事に悩むより、ママが子どもにできることをしよう

ママと子供

自然の中での自由な遊び、ごっこあそびなど、親がサポートをしながら楽しむ遊びも、乳幼児期の子供にぴったりなトレーニング。

といっても、保育園に通わせる親にとっては、時間的になかなか難しいですよね。

しかし、それ以上に大事なのはママとの信頼関係を築くことです。

ママが認める、ほめる

  • 自分で靴を履く
  • 積み木を高くつむ
  • コップにお茶を注ぐ

などなど、子どもが「あれをやりたい!」「これができる!」というときにはできるだけ邪魔をせずに見守ること。

成功したら、たとえ小さな成功でも、ママが認めてあげることが重要。

それは、「できた!」という達成感と「よくがんばったね。できたね」の認められる喜びでドーパミンはどんどん分泌されるから。

あおはのアイコン画像あおは

しかも、お父さんやお母さんにほめられると、他の人に褒められるよりもたくさん分泌されるというから、効果バツグンなんですね。

さらに、できたときだけじゃなく「今日もかわいいね。大好きだよ。」とそのままの子供を無条件に認めること。

この両方の褒めで、子どもの脳はぐーんと成長するそうです。

また、ママとのコミュニケーションも超大事。例えば・・

ママが笑顔で子どもと触れ合う

ママが子供に絵本を読む

子どもを膝の上に座らせて一緒に何かをすることが、もっとも脳を育てる姿勢だと知っていますか?

これは「心の安全基地」の存在があって初めて外の世界を探索できるという仕組みによるもの。

あおはのアイコン画像あおは

保育園から戻ってきたとき、安心して喜んで迎えてくれると確信するからこそ、好奇心を外の世界に向けられるんですね

また、子どもに優しい口調で話しかけることは、子供の聴覚も育てられるし、パパとママがいつも笑顔でいれば、子どもも自然に笑顔になる。

親子でコミュニケーションしながら一緒に色々発見していくことで「本当にかしこい脳」が育てられるんだそうです。

「保育園に行きながら習い事は必要なの?」なんて悩んで焦る姿を見せるよりも、子どもと笑顔で接しながらコミュニケーションする方がずっと有効ではないでしょうか。

では最後に、今回のお話をまとめてみたいと思います。

まとめ

保育園でも習い事は必要かな・・、という悩みを解決する手がかりがこちらでした。

  • 保育園での遊びや経験が脳の成長に役立つ
  • 少ない時間でも親子のコミュニケーションが超重要

また、

あおはのアイコン画像あおは

親だけじゃなく、保育士さんも一緒に子育てしてくれて心強いよ。子どもの日々の成長がうれしい

また、子供を保育園に通わせる共働き家庭にとって、平日の短い時間の過ごし方のヒントがたくさん得られました。

例えば、おえかき絵本の読み聞かせ

習い事の必要性を考えるよりも、

  • ママが子供を見つめることに意識を向けること
  • 膝の上に座らせておもちゃで遊んだり、絵本を読むこと

ちょっとした時間をもつことが子供の脳の成長には良い影響があると言えます。

乳幼児期の子供にとって

  • ママが笑顔でいること
  • 親とのコミュニケーション

が、とても重要なんですね。

私も、このことを肝に銘じて笑顔の子育てをしたいなぁと思います。

あおはのアイコン画像あおは

忙しい共働きママにとって、子供を見つめる目と笑顔は大切
離れて過ごす時間があるからこそ、できる心のゆとりもできる。

本当のかしこさとは、「好奇心をもち、熱中し、やり遂げる力」

子供の脳の成長には、親子でにっこり、子供と触れ合ってコミュニケーションすることが一番!

私も、自分自身に言い聞かせています。(笑)
常に笑顔は難しくても、意識することはできますもんね。

茂木健一郎さんによる「5歳までにやっておきたい本当にかしこい脳の育て方」、今回ご紹介した以外の内容も子育ての参考になることがたくさん書かれていたので、あなたもよかったら手に取ってみてくださいね。

あおはのアイコン画像あおは

「5歳までに」というと、保育園児はドンピシャ

また、年中・年長の保育園時にはおうちで学べるタブレット教材もおすすめ。

わが子は数や計算など、小学生の算数を先取りできるRISUきっずを利用。
子供が楽しみながら、確実に賢くなっていることを実感しています。

詳しくはレビュー記事をご覧ください↓↓

 

Amazonランキング1位&2位獲得

 

\LINEお友達登録はこちら/
友だち追加
✔1対1のメッセージが可能
✔お役立ち情報も不定期に配信

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる