保育園で人気のシリーズ絵本!年齢別におすすめを紹介

ママ
絵本の読み聞かせをしたいけど、多すぎて迷う!
ママ
子供が楽しめる絵本を選びたい

 

こんにちは。毎晩、子供たちと一緒に大好きな絵本を楽しんでいる、3児のワーママあおはです。

せっかく読み聞かせをしても、

  • イマイチ盛り上がらない
  • 1回読んで飽きてしまう

なんてことになっては残念!

そこで今回は、わが子の通う保育園の貸し出しコーナーで人気のシリーズ絵本を年齢別にご紹介します。

ぜひ絵本の選び方の参考にしてくださいね。

シリーズ絵本のおすすめは?年齢別にご紹介

どんな絵本が人気なのか、私とわが子のおすすめも合わせて、保育園の貸し出し人気シリーズを紹介していきますね。

ではまず、1-2歳児クラスで人気のシリーズ絵本から見ていきましょう!

あおは
3歳以上むけの絵本は、3~5歳児クラスのシリーズ絵本からご覧ください♪

保育園で人気のシリーズ絵本【0-2歳児クラス】

インスタグラムでも紹介しています♪

 

絵本の魅力にハマりだすのが1歳児。わが子たちもたくさんの絵本を読んできました。

どれを選んだらいいか悩むあなたも、実際に人気の絵本を選べば間違いなし。

 

まずは、長年愛されている!ノンタンです。

赤ちゃん版ノンタンシリーズ

ノンタンシリーズの赤ちゃん版です。実は私、赤ちゃん版シリーズの全9冊を持っています!

赤ちゃん版ノンタン 

長男の出産祝いでいただいたんですが、3人とも大好きでした。

どれも、もうページがしわしわになるほど何度も読んでいるほど。

中でも一番おすすめなのが、「ノンタンのにんにんにこにこ」

あおは
いろんな表情のノンタンが出てきて、子どもがその表情をまねするのがかわいい♪

 

お次は、こちらも1,2歳児がだーい好きな「だるまさん」シリーズ!

だるまさん「が・の・を」

文字数はとっても少なく、すぐによめてしまう内容ですが、

だ・る・ま・さ・ん・が・・・どてっ

 

で、子どもと一緒にこける真似をしたり、

だ・る・ま・さ・ん・と・・・ぎゅっ

で、ぎゅーっとハグしたり、親子でコミュニケーションしながら楽しめる絵本です。

あおは
1ページ読むたびに、くすくす、きゃっきゃと盛り上がる♪

 

とよたかずひこ作シリーズ

ピンクの表紙だから?特に女の子に人気な「ももんちゃん あそぼう」シリーズ。ももんちゃんの絵本に登場するのは、

  • きんぎょさん
  • うしさん
  • かえるさん
  • さぼてんさん
  • うさぎさん
  • ひよこさん

などなど。

絵本ごとに違ったキャラクターがたくさん出てきて、ももんちゃんと一緒にかわいらしいやりとりを繰り広げますよ。

どしん、どしんとかとか、絵本に出てくるフレーズがなんともリズミカルで、読んだ後にほっこりするんです。

2歳の娘も大好きで、「ももんちゃん よんでー!」とよくリクエストされます♪

 

お次は、超有名なエリックカールの絵本です。「はらぺこあおむし」ではないおすすめ絵本とは?

エリックカールの絵本シリーズ

「はらぺこあおむし」で有名な、エリック・カールの絵本は、カラフルな絵がとっても素敵。

 

有名な「はらぺこあおむし」のほか、子どもが大好きなのが「くまさんくまさんなにみてるの?」です。

いろいろな動物たちが出てきますよー。

「くまさん、くまさん、ちゃいろいくまさん なにみてるの」

「あかいとりをみてるの」

 

「あかいとり」は「きいろいあひる」を、「きいろいあひる」は「あおいうま」を。

さて、最後に子供たちがみているのはなんでしょう?

あおは
見開き2ページを使って、描かれているカラフルな動物たち♪ 娘のお気に入りは「ねこ」ちゃんです。

 

では続きまして、3歳以上のクラスで人気の絵本も見ていきましょうー!

保育園で人気のシリーズ絵本【3-5歳児クラス】

くりかえしフレーズや、わかりやすいイラストが人気だった1-2歳児クラス。

3-5歳児クラスになると、ストーリーやイラストの細かい部分を発見して楽しむことができるようになってきます。

「ぶたぬきくん」シリーズ絵本

たぬきさんに化け方を教えてもらった、ぶたぬきくん

ぶたぬきくんシリーズは他にもいろいろあるのですが、こちらお話では、恐竜に化けるぶたぬきくん。

しかし、上手に化けるたぬきくんと違い、ぶたぬきくんが化ける恐竜はどれもちょっと間抜け

あおは
何に変身しても、残念ながら顔だけはぶたのままというところが、5歳児の息子にも大ウケ!

 

なんといっても名前がおもしろいので、子どもが大笑いしてウケること間違いなしですよ!

続いては、100かいだてのいえシリーズ絵本です。

「100かいだてのいえ」シリーズ絵本

こちらは横ではなく、縦に開く絵本です。

「ぼくは 100かいだてのいえの てっぺんにすんでいます。
 あそびにきてください。」

というお手紙をもらったトチくんが、1階ずつ登っていくというお話。

それぞれの階でいろいろな動物たちに出会うトチくん。一緒に遊んだり、お手伝いをしたり、ごちそうになったりしながら、どんどん上へ進んでいきます。

その部屋の様子が細かく描かれていること!

背景の色々なところが気になると、1冊読むのにすんごく時間がかかってしまうほどです。

なかやみわ作シリーズ

お友達との関係を考えるきっかけにもなるストーリーの「くれよんのくろくん」。

クレヨンたちが楽しくカラフルな絵を描いている中で、ひとりだけ仲間外れにされてしまうくろくん。

でも大丈夫。最後にはシャーペンお兄さんの計らいもあり、くろくんが大活躍!

途中、さみしい気持ちになりながら、ハッピーエンドを迎える展開にほっとします。

あおは
保育園での発表会で、劇の題材にもなった絵本。
くれよんを演じる子供たちがかわいかったー♪

 

なかやみわ作の絵本はくれよんのくろくんシリーズが有名ですが、他にも子どもウケがいい絵本がいろいろ。

なかやみわさんの絵本なら、どれを選んでも間違いなしだと思ってます。

では、続きましては子どもが大好きな「おしり」がいっぱい出てくる絵本!

おしりたんていシリーズ

「フーム、においますね」

という決め台詞を言いながら、事件を解決し、犯人を追い詰めていくおしりたんてい

まず、顔がおしりという時点で、幼児に大うけ。必殺技はもちろんアレです。(笑)

幼児から小学校低学年に大人気!わが家の長男(2年生)も大好きで、単行本を持っています。

ちゃんと謎解きストーリーになっているところが魅力。

おしりたんていがどんな探偵なのかは、こちらの動画でサクッとチェックしてみてくださいね。

お次は、子供がみんなで夢中になれる絵本です。

 

ミッケ!シリーズ

ミッケ!は、写真がキレイで大きな絵本。

ストーリーを楽しむのではなく、各ページに隠れている、さまざまなものを探していく、言わばクイズ絵本なんです。

あおは
すごーく細かいので、親子で顔をくっつけながら夢中に。

 

そして、解答ぺージはなし

探せなかったら、どこにあるのか答えは謎のままという。。それがまたくやしくて、時間を置いて挑戦したくなります。

もちろん、簡単な問題もあるので親子や兄弟、友達同士で何度も楽しめますよ。

 

さて、最後にご紹介するのは、バムとケロのシリーズ絵本です。

バムとケロのシリーズ絵本

バムとケロシリーズ絵本5冊

わが子も含めて、子供たちに大人気のバムとケロのシリーズ!

この記事内では魅力を語りつくせないため、詳しくは下記記事にまとめています。ぜひご覧くださいね。

バムとケロシリーズ絵本5冊

絵本「バムとケロ」のシリーズが超おすすめ!大人もハマる理由とは?

2017年11月4日

では、最後に今回のお話をまとめていきますね。

保育園で人気のシリーズ絵本まとめ

保育園の絵本コーナーで人気の絵本を年齢別にランキング形式でご紹介してきました。

保育園の絵本コーナーで、実際に何度も貸し出されている絵本たち。

気に入った本は、何回も何回も借りたがるので、「またこれー??」なんて思っちゃいます。

でも、子供にとっては、それだけ面白くて何度も読みたくなる絵本ということ。

 

絵本の選び方に迷われた時には、ぜひ今回お伝えした年齢別人気ランキングを参考にしてくださいね!

 

わが家の子供たちも、寝る前の絵本の時間が大好きです。

日中働くママが、短い時間で子どもと濃いコミュニケーションをとれる「絵本」。夕方~夜寝るまでは、どうしてもバタバタイライラしがち

 

でも、この絵本を読むという儀式があるからこそ、ほっこりと1日を終えることができています。(もちろん思うとおりにいかないこともあるけれど!)

あおは
これからも、子供たちとの絵本の時間を大切にしていきたいと思います♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

管理人Aohaって?

3人育児中の時短勤務ワーママ。 プロフィールはこちら

\お友達になりませんか? /
友だち追加
✔1対1のメッセージが可能
✔お役立ち情報も不定期に配信

 

 

 

この記事をSNSでシェアする!

コメントをどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です