大洗サンビーチキャンプ場の口コミ!おすすめサイトはズバリどこ?

大洗サンビーチキャンプ場の口コミ おすすめサイトは?

こんにちは。今年初めて真夏の海キャンプに行ってきました!3児のワーママAohaです。

これまでキャンプと言えば川の近くばかりだったわが家。

今回訪れたのは、茨城県にある大洗サンビーチキャンプ場です。

「ビーチ」と名前がつくだけあって、海水浴場まで歩いてすぐ!

キャンプサイトは6つのエリアに分かれていて、それぞれに特長がありますよ。

そこで今回は、大洗サンビーチキャンプ場の各サイトエリアについて、詳しくお伝えしたいと思います。
Aoha

基本の施設周辺情報も合わせてご紹介♪



大洗サンビーチキャンプ場のサイト6つ! おすすめは?

大洗サンビーチキャンプ場のサイトマップ

大洗サンビーチキャンプ場のサイトマップ


大洗サンビーチキャンプ場には、全面芝生のサイトが50 区画。エリアの種類は6つです。

ざっとサイトの広さと駐車場についてお伝えすると、下記の通り。

テントサイト名説明
松林エリア
(No.1‐5)
8×7m以上
サイト前に駐車可
しずかであんしんエリア
(No.6-18)
8×7m
横付け不可
芝生エリア
(No.19‐27)
10×5m
サイト内
海がみえるエリア
(No.28‐36)
10×5m
サイト手前の階段付近に駐車可
スマートキャンプエリア
(No.51‐58)
6×5m
駐車場付(6×2.5m)
AC電源付エリア
(A1-A11)
10×10m
駐車場付(6×2.5m)

では、1つずつサイトの特長をお伝えしていきましょう。まずは、松林エリアです。

キャンプサイト①松林エリア

大洗サンビーチキャンプ場 松林
広めのエリアでゆとりがあり、サイト前に駐車OKです。

Aoha

炊事場・トイレが近くて便利!



お次は、車が入らない静かなエリアです。

キャンプサイト②しずかであんしんエリア

大洗サンビーチキャンプ場 しずかなエリアサイト
こちらのエリアは別途駐車場があり、車の横付けができません

荷物を運ぶのが大変ですが、キャンプサイト内には車の出入りが一切なし。
小さな子連れキャンパーにとっては安心かもしれませんね。

続きましては、今回わが家が利用した芝生エリア。中でもおすすめのサイトとは?


キャンプサイト③芝生エリア

大洗サンビーチキャンプ場 芝生サイト
芝生エリアには立っているのは、2本の大きな木。

奥の方のサイト(No.25‐27)は防風林がかなりしっかりしていて、風が通りにくいです。

というわけで、適度に涼しく、木陰も利用するには、No.24のサイトがおすすめ!

Aoha

他のサイトは日影がないので、タープが必須です



さて、お次はサイトから海が見えて景色がいいエリアです。

キャンプサイト④海がみえるエリア

大洗サンビーチキャンプ場 海が見えるエリア
こちらのエリアは、駐車場がサイト手前の階段の下。


荷物の上げ下げがちょっと大変ですが、眺めは最高ですね!

大洗サンビーチキャンプ場 景色
続きましては、ソロキャンパーにおすすめのコンパクトなエリアです。

キャンプサイト⑤スマートキャンプエリア

大洗サンビーチキャンプ場 ソロキャンパー用小さめサイト
このエリアは狭めなので、ソロキャンプまたは少人数のキャンプ向きですね。

最後は、一番人気のサイト。AC電源が使えるエリアです。

キャンプサイト⑥AC電源付エリア

大洗サンビーチキャンプ場 電源付エリアサイト
電源付エリアはサイトも広く、大型車やキャンピングカーもOK。便利で人気のサイトです。

Aoha

わが家もこちらの電源付サイトが希望でしたが、予約がいっぱいで取れませんでしたー。





以上が、キャンプサイトの6つのエリアです。

その他にもBBQエリア11 区画(うち屋根付きは4 区画)あり、日帰りでも楽しめますよ。

大洗サンビーチキャンプ場 バーベキュー広場

屋根なし&屋根付のエリアあり


BBQエリア横の洗い場には温水設備があり、お湯も出ます!

大洗サンビーチキャンプ場 炊事場

では続きまして、大洗サンビーチキャンプ場の基本施設についても確認していきましょう。


大洗サンビーチキャンプ場の基本施設

キャンプ場内には、コインシャワーやトイレ、売店があり、トイレはすべてウォシュレット付きです。

ではまず、管理棟の雰囲気を見ていきましょう。

管理棟&売店

大洗サンビーチキャンプ場の売店
管理棟には24時間利用できるトイレやシャワー、売店があります。

Aoha

売店では、ちょっとしたお菓子やアルコール、もありました。


詰め放題の炭は一袋300円



自販機やアイスも売っています。

大洗サンビーチキャンプ場 自販機
Aoha

窓口が開いているのは9時から17時まで。
売店を利用したい場合は、時間に注意です。



では、管理棟にあるコインシャワーを覗いてみましょう。

24時間利用OKのコインシャワー

大洗サンビーチキャンプ場 コインシャワー
コインシャワーは、2分100円で利用できます。
海で遊んだあとは、ここでさっぱり!

また管理棟横には、バリアフリーのトイレ&シャワーがありますよ。

バリアフリートイレ&シャワー・洗濯機も

大洗サンビーチキャンプ場 バリアフリーのトイレ&コインシャワー
こちらのバリアフリーのトイレ&コインシャワーまでは、階段ではなくスロープ
車いすの方でも利用できるようになっています。

また、すぐそばにはコイン式の洗濯機も。

大洗サンビーチキャンプ場 洗濯機
夏は汗をかきやすいので、洗濯機があるのは安心ですよね。

また、キャンプ&BBQ用のレンタル品も豊富。
中でも大人数のキャンパーに人気だったのは、手ぶらで楽しめるBBQセットです!


手軽なバーベキューセットが超人気!

大洗サンビーチキャンプ場には、手ぶらでBBQが楽しめるプランが2つあります。

  • らくらくプラン(1800円)
  • まんぷくプラン(3500円)

らくらくプランは、

  • 火おこし
  • テーブルセッティング
  • 片付け

と、面倒な火おこし~片付けまでを、まるっとお任せできるコース。

Aoha

備品としてお皿コップもついているので、あとは焼いて食べるだけ!




さらにまんぷくプランの方は、食材まですべて込みです。

  • お肉(カルビ、ロース、ハラミ、ウィンナー等)
  • 焼きそば
  • イカ
  • 野菜など


提供されるのは、楽天市場・Yahoo!で14年連続1位に選ばれたという、こちらのお肉!

伊勢神宮にも奉納実績があるんだそうです。



Aoha

準備も後片付けもしなくてOK。
しかも美味しい食材つきのプランだなんて、本当に楽チン♪




各プランは4名以上で利用可能。

4‐6名の場合は一人当たりプラス500円です。

7名以上は追加料金なしなので、大人数でBBQを楽しみたいときにいいですね。


わが家のキャンプ飯は、沖縄名物「ブエノチキン」でした
本格「ブエノチキン」の再現レシピ!しっとりジューシーな作り方は?


では続きまして、大洗サンビーチキャンプ場の注意点をお伝えしますね。

注意点は暑さと蚊対策!

真夏の大洗サンビーチキャンプ場を利用して、感じた注意点は2つです。

  • 風がないとめちゃめちゃ暑い
  • 蚊が多い


まずは、夏の海キャンプならではの暑さです。

私たちが利用した芝生エリアは、区画No.25‐27あたりの防風林がかなり分厚く風が通りません。

風が弱い天候だと、ムシムシしてとにかく暑いです。

わが家の暑さ対策は、持っててよかった『ポータブル扇風機』!



今回キャンプのお供に夫が準備していた、充電機能付きコンパクトLEDランタンが大活躍。


Aoha

最新スマホを3回も充電できる協力電池に助けられました。
とってもおすすめです!




また蚊が多かったので、虫よけ対策も必要!

Aoha

わが家は対策が甘かったのか、家族であちこち刺されまくり。


蚊取り線香虫よけスプレーで、厳重に対策することをおすすめします!

ではおまけとして、周辺情報として近くのスーパー&温泉をチェックしていきましょう


大洗サンビーチキャンプ場の周辺情報

キャンプ場のすぐ近くには、利用しやすいスーパーや温泉があります。
まずは食材調達のためのスーパーはこちら。

キャンプ場近くのスーパー2か所

大洗サンビーチキャンプ場の近くにあるスーパーは二か所。

まず一番近いスーパーは、2019年夏にオープンした「セイミヤ」です。

セイミヤスーパー
店内は広くて色々揃いますが、残念なのは支払いが現金のみなこと。

使えるカードは電子マネーのセイちゃんカードのみだそう。

Aoha

クレジットカードが使えないのは不便でした。



もうひとつのスーパーは「エコス」です。

大洗サンビーチキャンプ場の近くのスーパー
こちらのスーパーもキャンプ場から近く、食材調達には十分な品ぞろえでしたよ。

ちなみにクレジットカードも使えました!

そして、毎日通った温泉はこちら。

特別割引券が使える「潮騒の湯」

潮騒の湯
大洗サンビーチキャンプ場の一番近くにある温泉が、潮騒の湯。(徒歩で約5分です)

潮騒の湯の温泉水は、化石海水という地中に閉じ込められていた海水です。

Aoha

血行が活発に。切り傷やけどなどに、鎮痛効果が期待できるそう



キャンプ場利用者は、特別割引チケットをもらうことができますよ。
土日祝日の大人料金1000円550円になり、とってもお得

潮騒の湯 特別割引券
チケットが使える時間帯は、18時半~20時に入館、22時までに退館と限定されていました。

では最後に、今回お伝えした内容をまとめてみましょう。

まとめ

大洗サンビーチキャンプ場にはサイトに6つのエリアがありました。
大洗サンビーチキャンプ場のサイト

  1. 松林エリア
  2. しずかであんしんエリア
  3. 芝生エリア
  4. 海がみえるエリア
  5. スマートキャンプエリア
  6. AC電源付エリア


おすすめはやっぱり、AC電源付エリアでしょうか。

また、夏の海キャンプは暑いので扇風機があったほうがベターでしたね。

Aoha

蚊の対策もお忘れなく!



充実のバーベキュープランもあってか、大人数のキャンパー多かったです。
若者や外国人のグループもいて、にぎやかでした。

Aoha

海まで近いので、海遊びには最適なキャンプ場
ランチに近くのお店で食べた特大岩ガキが美味しかったー!

岩ガキ大



では最後に、キャンプ場の詳細情報を確認しておきましょう。

宿泊 4,500円/1泊(電源付きサイト)
2,500円/1泊(電源なしサイト)
施設利用料
大人(高校生以上)300円
子ども(5歳~中学生)200円
電源一部あり
チェックイン13:00~16:00
チェックアウト~10:00
地図

ちなみに、わが家5人家族が今回2泊3日でかかった費用は、

電源なしサイト2泊 2,500×2=5,000円
大人2人 300×2=600円
子ども3人 200×3=600円
合計 6,200円(税込み) でした。安い!


そうそう、可燃ごみは指定のゴミ袋(1枚50円)に入れて捨てます。

大洗サンビーチキャンプ場 ゴミ袋は有料
その他不燃ごみ(缶・ビン・ペットボトル・ガスボンベ・電池)は無料で引き取ってくれますよ。



キャンプサイトを予約できるのは、利用日の3か月前から4日前までの間!

Aoha

人気の電源サイトはすぐに埋まってしまいますので、予約の空き状況をチェックしてみてくださいね。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

料金は2019年8月時点の情報です。

 

管理人Aohaって?

3人育児中の時短勤務ワーママ。 プロフィールはこちら

\ママイーナ公式LINE始めました /
友だち追加


記事がお気に召したら「いいね」ください♪最新情報をお届けします↓↓

 

スポンサーリンク


この記事をSNSでシェアする!

コメントをどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です