RISU(リス)算数の評判は?小3の息子が実際にやってみた!

RISU算数の評判 スタート画面

こんにちは。
子供には得意な科目をどんどん伸ばしてほしい♪3児のワーママAohaです。

わが家の長男は小学3年生。好きな教科はなんと算数。

1年生のころからチャレンジタッチを続けていますが、各教科の問題数が限られる中、算数ばかりに取り組む長男

結果、

  • 他の教科がなかなか進まない
  • ゲームなどの遊びが多く弟や妹に取られる

などがネックでした。

この時知ったのが、算数に特化したタブレット教材のRISU(リス)算数

試してみたところ、学年関係なくマイペースに進められ、どんどん先取り学習ができる仕組みが満載でした。

そこで今回は、長男が体験したRISU算数について、詳しくレポートしたいと思います。

お得に試せるクーポンコードもご紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

料金システムについて、更新しました(2018.7)
Aoha

今すぐRISU算数を試してみたいあなたはこちらのリンクをご覧ください。





RISU算数を体験!子供の評判は?

RISU算数の評判 ステージラスト問題

ステージクリアをかけた問題に挑戦中

算数に特化したタブレット教材、RISU算数を試してみた息子の感想は

「算数ばっかりできるのがいい!」

と、評判は上々。

RISU算数は、自分に合った小さい問題をリズムよく解いていくことで、自然にレベルアップできちゃう仕組みがすごいのです。

なんと息子も、学校ではまだ習っていない内容を、知らないうちに解けるようになっていて驚きでした。

それでは次に、そんなRISU算数の特長を詳しく見ていきましょう。

画期的!RISU算数の特長とは

私が感じたRISU算数の特長は、3つです。

  1. 算数に特化している
  2. 学年関係なくどんどん先取りOK
  3. 実力に合わせたフォローあり

まず1つ目は、なんといっても算数専門であること。

だから、

  • 苦手な算数を克服したい!
  • 得意な算数を伸ばしたい!

どちらの場合もOKです。

算数専門といっても、計算問題ばかりではなく、頭を使って考える問題も豊富。

Aoha

RISUの教材1学年分には、国語の教科書1年分の文章量が入っているそうです。

 

2つ目の特長は、学年が関係ないこと。

一度解いた問題はいつでも復習も可能なのでじっくり進むもよし。
逆に、先取りOKなので実力に合わせてどんどん上の学年に進むことも可能です。

 

そして特長3つ目は、子供のレベルに合わせた復習問題レッスン動画が自動で配信されること。

RISU算数の評判チェック ランダムな復習問題

通常は自分でステージを選択して問題を進めますが、ランダムに出されるのが「復習テスト」

これは、

  • 忘れてるかもしれない問題
  • 間違いが多かった苦手問題

が、個人の学習データに基づいて自動で出題されているんです。

Aoha
子供のレベルにぴったり合った問題を出してくれるから、無駄がないんですねー

 

また、つまづきがちな問題は、大学生のお兄さんやお姉さんが動画でフォローしてくれます。

RISU算数の評判 大学生からのメッセージ

レッスン動画はいつでも見直すことができるので、わからないときはすぐに確認できますよ。

 

続きまして、RISU算数の具体的な進め方を見ていきましょう。知らなきゃ損する注意点も、合わせてお伝えしますね。




RISU算数の進め方と注意点!

RISU算数の評判 実力テストあり

RISU算数を起動して、まずやることはWiFiの設定。その後に必ず行うのが、実力テストです。

 

テストでは子供の学年に関係なく、小学1年生~6年生までの問題が次から次へと出題!

内容は、

  • 簡単な足し算や引き算
  • 小数や分数
  • XとYの計算

まで幅広いラインナップです。


子供にとって全くわからない問題も出題されるので、「えーっ!こんなの知らないよ!」なんて、投げ出したくなるほど。

息子はの場合、難しい問題が出されると、全然解けずにイライラ。。

「もーぅ!やめる!」と言って、実際一度は画面をパタン。後日、気を取り直して途中からやり直しました。

 

しかし、この実力テストがとーっても大事なんです。

なぜなら、このテストの結果によって、タブレットに表示される教材が決定されるから。

RISU算数の評判 ホーム画面

小学3年生の長男は「かず」や「たしざん・ひきざん」はクリア済と判断されました。

クリア済のステージには、
「テストでクリアずみ!

 ここはもうとけるので、おさずに先にすすもう!」
と表示されています。



テストの結果によって、子供のレベルに合うステージが決定される仕組み。

つまり、

テストをいい加減に解いてしまうと、実力が正しく判断されず、かなり低いレベルからのスタートになってしまいます。

そうなると、子供のモチベーションの下がるし、利用料金にも影響が。

Aoha

実力テストは超重要!
 初めて取り組むときは、十分な時間を取ることをおすすめします。

難しい問題はパスしてOK。
慣れない操作が心配なら、ここだけママだけやってあげてもいいかも!

 

RISU算数の評判 ホーム画面

自分のレベルにあったステージには、星マークが表示され、何問解いたかが分かるようになっています。

あとは、どんどん問題に取り組んでいていくだけ!

らくらく解ける問題からスモールステップで難易度が上がっていくので、つまづくことなくレベルアップができる仕組みです。

また、単調に問題を解くだけで飽きてしまわないように

  • 急に難易度が上がる「オニモード」
  • スペシャル問題(クイズやパズル)

にも挑戦できますよ。

Aoha

スペシャル問題は、思考力が必要とされて結構難しい!
長男は、突然現れる鬼チャレンジに「こんなの出てきたー!」と、驚きながらトライしていましたよ。

では最後に、RISU算数のおまけ情報もお伝えしたいと思います。

RISU算数のおまけ情報

タブレット教材「RISUきっず」の専用ペン

まず、タブレット専用のペンについて。

ペン先は細ーい金属で編み込まれたマイクのようになっていて、ぷにっと柔らかい感触です。

文字を書くには、ふわふわした書き心地がイマイチかもしれませんが、選択肢をポンポンとタッチするには操作性良し。

ちなみに、タブレットはASUS(エイスース)の「ZenPad(ゼンパッド)」です。

 

また、RISUでは問題を1問解くごとにポイントをゲット。貯まったポイントに応じたプレゼントがもらえます。

気になるプレゼントアイテムがこちら!

RISU算数の評判 プレゼント一覧
  • ノート2冊セット
  • 蛍光ペン3本セット
  • 色鉛筆のセット
  • コンパクト双眼鏡
  • 図書カード500円分
  • スペシャル問題に取り組むためのカギセット

などのほか、超高ポイントが必要なiPhone6があります。

 

Aoha

「iPhoneがある!これほしいー!」と、喜んでいた長男ですが、ポイント数を確認してやる気を失っていました(笑)


もう少し手が届きそうなアイテムが豊富だったらいいなー。

続きまして、ちょっと変わったRISU算数の料金システムについて見ていきましょう。

2018年7月料金システム改定!利用料の計算方法は?

子供に合わせた学習ができるRISU算数の特長は、料金体系にもあり。

一般的な教材の場合、料金は月額固定ですよね。しかしRISUは、学校よりも早いスピードで学習が進むほど、追加の利用料がかかる仕組みになっています。

では、気になる料金の計算方法をご説明しますね。

 

基準となるのは、月平均クリアステージ数クリアーした累計ステージ数÷利用月数)。

つまり利用料は、月平均していくつステージをクリアしたか?で、決定するんです。

月平均クリアステージ数利用料
1.0未満0円
1.0以上~1.3未満980円
1.3以上~1.5未満1480円
1.5以上~1.7未満1980円
1.7以上~2.0未満2980円
2.0以上~2.2未満3980円
2.2以上~2.5未満5480円
2.5以上~3.0未満6980円
3.0以上8980円(上限金額)

 

Aoha

RISU算数利用者の平均は、学校の1.3~1.5倍速の1.7~2ステージ未満(利用料は2980円)が平均だそう。上限金額より高い請求はありません。

 

いかがでしょうか。少し複雑に感じるかもしれないので、実際に計算してみましょう♪

例えば、、

  • 1か月目に2ステージクリアした!
  • 2か月目はちょっとペースダウンして1ステージクリア
  • 3か月目は忙しくてペースが落ちた。クリアなし

だったとすると、利用料は次の通り計算できます。


1か月目 → 累計2ステージ ÷ 1か月 = 2(3980円)

2か月目 → 累計3ステージ ÷ 2か月 = 1.5(1980円)

3か月目 → 累計3ステージ ÷ 3か月 = 1(980円)

累計ステージ数によっては、クリアしたステージが0(ゼロ)でも利用料が追加される場合があるということですね。

Aoha

ただし、一度クリアした問題は、ずっと消えることなく復習可能。もちろん、初めに行う実力でクリアした問題も無料で復習できます。


 

このほかRISU算数の料金面での注意点は、契約時に年額一括支払いで、年度途中で解約してもキャンセル(返金)ができないこと。


  • ご契約時、年額一括12ヶ月分29,760円 (月あたり2,480円)の基本料がかかります。
  • ご契約期間中の中途解約は、お申し込み頂きました月の月末で満了となり、翌月より適用されます。解約手数料は発生致しませんが、残期間の基本料の払い戻しもございません。


RISU Japan「料金詳細」より

 

払い戻しがない代わり、解約したとしてもタブレットの返却は不要復習用に利用してもいいし、下の子が使ってもいい、なんて利点はあると言えますね。


では、今回ご紹介した内容をまとめてみます。

まとめ

RISU算数の特長
  1. 算数に特化している
  2. 学年関係なく、復習や先取りができる
  3. レベルに合わせたフォローあり

子供の年齢や学年に応じて学習範囲が決まるのが普通ですが、RISU算数は違います。

個人のレベルに合わせて、苦手な場合も得意な場合も、子供がマイペースに学習できる点が大きなメリット。

Aoha
スモールステップで解いていくから、知らない間に成長できる♪

 

ランダムに表示される復習テストでは、何度も間違えた問題のほか、一度解いた問題も忘れたころに出題

苦手をなくし、着実に力がつくようになっていましたね。

 

スペシャル問題や「オニモード」といった刺激もあり、長男の評判はよかったですよ。

何より、タブレットを弟や妹に取られないのがいいみたい^^

RISU算数には、小学校入学前の幼児向け「RISUきっず」もあります。

詳しくは下記の記事をご覧くださいね。

タブレット学習の「RISUきっず」を試してみた!5歳幼児の反応は?

 

1つ注意点としてお伝えしたのは、初回起動時に行う実力テストでした。

Aoha

テスト結果で子供のレベルが判断され、どのステージから始まるか決定します。利用料金にも影響するので、落ち着いて、慎重に取り組むようにしましょう!
毎月の追加利用料はシミュレーションしてみるといいかも。

 

ここで

「どんな教材なのか気になる。。ちょっと試してみたい!」

と思われたあなたに、お知らせです。

RISU(リス)算数のクーポンコードで気軽にお試し

RISU算数のお試しキャンペーン

RISU算数は基本料金が月あたり2,480円で、契約時に年額一括払い(12ヶ月分29,760円)となります。

通常だと即申し込みになるところ、下記リンクから専用のクーポンコード「mam07a」を入力していただくと、1,980円(税別)で1週間のお試しができますよ。

体験後に本契約を行うと、お試し分は無料になる特典付きです。気になるあなたは、ぜひチェックしてみてくださいね。

 


Aoha

2018年10月より親子でうれしい特典が受けられるRISU Prime(リスプライム)もスタートしましたよ。詳しくは「タブレット教材RISU算数がプライム制度を開始したので体験してみた!」をご覧ください




 

管理人Aohaって?

共働き歴10年目、3人の子育て中のワーママ。 プロフィールはこちら

この記事がお気に召したら「いいね!」ください。最新情報をお届けします^^

 

関連ページ





この記事をSNSでシェアする!

3 件のコメント

  • リスは、返金トラブルがいろいろあるみたいです。
    私もやられました。
    学習効果がなかったので、解約しようと思っていたところ、二年目も基本利用料が年払いで、途中解約しても返金不可のようです。
    一年目は分かるのですが、二年目以降も年払いで自動更新。
    ウェブサイトには、「月当たり○○円、いつでも解約可、解約手数料不要」といったことが書かれているにもかかわらず、実際は上記の通りです。

    • コメントありがとうございます。
      料金トラブルについては存じませんでした。
      基本料金の一括年払いは明記されていますし、自動継続も一般的かもしれません。
      ただし、追加料金については少し不明瞭な部分がありますね。

      料金システムについて、問い合わせした内容を記事本文に追記いたしました。
      また詳しいことがわかり次第、また追記させていただきますね。

  • 2018年7月より料金システムが改定されました。
    利用料の計算方法もわかりやすくなりましたので、記事本文に追加修正しました。

  • コメントをどうぞ♪

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください