時短勤務は迷惑ですか?ワーママが職場で理想の働き方をするコツ5つ

時短勤務 迷惑 子供

「時短勤務は迷惑がられて肩身が狭い?」

「子供の病気で休むと嫌な顔をされそう・・」


こんにちは。小学生と保育園児の子育てをしながら時短勤務をしている3児のワーママAohaです。


子どもが小さいワーママにとって、職場で迷惑に思われるという悩みはつきもの。

ただでさえ時短勤務で働く時間が短いのに、急な早退や休みはやっぱり迷惑をかけてしまう。仕方がないとは言え、周りに嫌われたくはありませんよね。

Aoha

私も思い通りに働けず、もどかしい経験をしたことが。



しかし、考え方と行動を見直したことで、今ではのびのび働けています。
上司や同僚からも働き方を理解していただき、感謝するばかり。


そこで今回は、ワーママが気持ちよく生き生きと働くための、考え方と取るべき行動を5つご紹介したいと思います。

まずは、時短勤務のワーママが迷惑がられる現状について、私の体験をお話していきますね。



時短勤務のワーママを迷惑がる人がいるのは事実!

不安な気持ち 時短勤務をすると就業時間前に帰宅するので、どうしても職場で目立ちますよね。
また、時短勤務というだけで「ちゃんと仕事してるの?」なんて疑われることも。

しかし、子供の体調不良で休みが重なったりすると、迷惑をかけていまいます。


今ではのびのび働けている私ですが、実は、ワーママを迷惑に思う側だったことがありました。

それは、まだ私が独身の頃。

当時の職場は全メンバーが忙しく、毎日、残業が当たり前でした。
そんな中、夕方「お先に失礼しますー」と、さっさと帰ってしまう先輩ママたち。


新人だった私は

「毎日遅くまで働いてるのに、こんな明るい時間に帰れるなんてずるい!」

とか思っていたんですよね。。


しかし、その先輩ママとは別のチーム。
私に直接迷惑がかかるわけでもなく、きちんとお仕事をされていたはずです。

にも関わらず、私のような新人から嫉妬されていたという。。


今思えば、迷惑というか単なる妬み。

これは、育児の経験のない同僚や上司にとって、「時短勤務のワーママは仕事量が少なくて、周りにも迷惑」なんて感じる場合があるという証明ではないでしょうか。

では、ワーママが職場で迷惑がられず理想の働き方をするにはいったいどうすればよいのか。
5つのコツをお伝えしていきますね。

ワーママが迷惑に思われずイキイキ働くには?

私も実践している、職場で迷惑がられずのびのび働くためのコツ5つ

  1. 当たり前と思わず謙虚になる
  2. 周囲への気配りと感謝を忘れない
  3. むしろ積極的になる
  4. 仕事の効率を上げる
  5. 働き方に自信をもってポジティブに


では、1つずつ詳しく見ていきましょう。

まずは、時短勤務という働き方を当たり前に思わないことです。

時短勤務を当たり前と思わず、謙虚な態度で

感謝の気持ちを伝えること 時短勤務は子供が3歳になるまで法律で認められているし、制度を利用すること自体は当然悪いことではありません。

時短勤務は取得する権利はあるし、子供の看病などでの急な早退や休暇をとるのは仕方がないこと。
ただしこれは、

  • 予定を合わせてもらう
  • フォローしてもらう


といった、周りの協力があってこそできる働き方ですよね。


「時短勤務ですから」「子供が熱を出したから」と、当たり前のような態度をとるのはNGです。

Aoha

事情を知らなければ理解も得にくいので、時間勤務をしていることを、関わる人にきちんと伝えることも大切。



次に大切な心がけは、周りの人にその都度、感謝の気持ちを伝えることです。



周りへの気配りと感謝の気持ちを忘れない

感謝の気持ちを伝えること 仕事に対する意識がどれだけ高くても、子供の体調不良は急にやってくるもの。
限られた時間のなかで、思った通りに業務がこなせないこともありますよね。

ただし、ワーママの早退や休みによって、誰かの仕事が増える場合があることも事実。

Aoha

「すみません」「フォローしていただき、ありがとうございます」
と、周りへの気配りや感謝の気持ちは伝えるようにしたいです。




上司や同僚への言葉はとても重要!
私も子どもの体調で休みが続いてしまったとき、上司に次のようにお伝えしました。

「まだ子供が小さく急なお休みをいただくことが多いですが、職場の皆様にはご理解いただき、大変感謝しております。いつもありがとうございます。」


また、職場の人との普段の会話にも気を配りたいもの。

Aoha

ママは話題が子供ネタばかりになりがちなですが、独身の方の前では、子供の話ばかりしないようにも気をつけるべし。


まずは限られた勤務時間内で、自分の仕事を一生懸命やって役割を果たすこと。

時短勤務のワーママだからといって負い目を感じるのではなく、積極的に動くことが大切ですよ。

劣等感を抱くよりも、むしろ積極的になる

チームで働く女性 早退したり、欠勤したりに対して「周りに迷惑がられるのが嫌‥」と消極的になってしまうワーママも多いかもしれません。

Aoha

私も「自分から作業を提案したいけど、休んでばっかりなのに、言い出しづらい・・」と考えていた時期があるんです。



でも、それは逆でした。

「今ちょうど手が空いています。何か作業ありますか?」
「〇〇は私がやりましょうか?」


など、自分から積極的に業務に関わることで、気持ちもすっきり。上司や同僚も喜んで受け入れてくれました。


時間制限のあるワーママでも、自分の業務はしっかりこなし、意欲的に取り組む姿勢は周りからも評価されるはず。

ワーママ

時短勤務だから、なるべく出しゃばらずに簡単な仕事を担当します・・

なんて、消極的になるのではなく、自分から積極的に関わることで周りにも認めてもらえますよ。


続きましては、周りからの理解・協力をもらえる第一歩。効率を上げる方法を見ていきましょう。

仕事の効率を上げる

残業 自由に残業できる人とは違い、保育園のお迎え時間が決まっているワーママは「〇時までに帰る!」という制限があります。
けれど、この制限時間があることで集中力が上がり、通常以上の業務量をこなせたりするものなんです。

Aoha

帰る時間を決めたら、逆算して計画的にこなすのがコツ。


いかに無駄をなくせるか?と、工夫すると、効率的にこなせるようになるんです。

時間内でいかに業務をこなすかがカギ。
集中力が高まり、仕事が早くなりますよ。



ちなみに私は、自分が急に休んむことで迷惑をかけることがないように

  • 問題や課題は、1人で抱えず相談する
  • 作業内容や進捗は常にオープンにする


といったことも心がけています。

Aoha

時短勤務でもこれだけの業務をしています、というアピールができれば評価アップにもつながるはず。



しかし、「どれだけ仕事の効率UPをはかって努力しても、手に負えない・・!」という場合は、やっぱり業務量が多すぎるのかも。


そんな時は、それこそ周りに迷惑をかけないように、早めのアラームをあげるべきです。


Aoha

私も、どうしても自分の能力的に仕事がこなせず、上司に泣きついたことがあったなぁ。
仕事と育児の両立が辛い!もう辞めたいと思った私が変えた2つのこと




問題は自分ひとりで抱えずに。必要なら助けを求めることも大事です。

では最後に、時短勤務ワーママの心得をお伝えしていきましょう。



ワーママだからこそポジティブに

業務を工夫する 「昨日休んだのに、また今日も呼び出し…全然仕事にならない!」

早退したり休んだりすると、嫌な顔をされたりすることがあるかもしれません。

また、たとえ周りに何も言われなくても

「迷惑をかけて申し訳ない」
「思う通りに働けなくて不甲斐ない」


なんて思ってしまいます。


でも、特に子供が小さい頃、急な体調不良は必ず通る道。後ろ向きに考えるのは損

Aoha

できないことに対してあれこれ気にするより、できるときに精一杯やれば周りにも認めてもらえる!



今は何を優先したいのか?あなたの気持ちに従うことが大切です。

大切にすべきはママの気持ち


  • 子供に寄り添ってあげたいとき
  • 仕事を優先にしたいとき

場合によりますが、いずれにしても大事なのはあなたの気持ち。

  • 仕事は休んで、子供と向き合う
  • 思い切って子供を預けて、仕事をする

と、臨機応援に対応しましょう。

Aoha

子供にとっても、ママの機嫌がいいほうがうれしい!
共働きママが及ぼす子供への影響は、「共働きだと子供にどんな影響があるの?悪影響を及ぼすNG行動とは」をご覧ください。


わが家の場合、子供に何かあれば基本的に夫婦どちらかが看病します。ただし、兄弟で順番に発病したりと休んでばかりいられないことも。

そんなときは、外部サービスも利用。実際、長男がインフルエンザで1週間登園できなかったときには、病児保育にお世話になりました。
関連記事
知っておきたい病児保育と病後児保育の違い!私が救われたピンチの冬



地域によっては、病児・病児後にも対応してくれるファミリーサポートもありますよ。
ワーママにありがたい子育て支援制度は、事前にリサーチしてくださいね。

さてお次は、積極的に取り組むことは大切だけど、もちろんできる範囲で、というお話です。

無理にがんばりすぎるのは本末転倒

前向きに働くのは良いこと。だけど、
「周りに迷惑がられないように、なんとかこなさなければ!」
と、一生懸命になりすぎて疲れ果ててしまっては元も子もありません。

  • 業務が多くお迎えに間に合わない
  • 忙しい人をつい手伝ってしまう

なんて、気づけば毎日のように残業してしまうのは、NG行動。



ついつい残業を許容していると、周りには

「時短勤務といいつつ、残業してもいい人」

とみなされてしまいます。


そうすると、さらなる仕事を安易に頼まれることになってしまうかも。



「3歳未満の子供を育てる労働者に残業させてはならない」という法律もあり、時短勤務者の残業は会社にとっても望ましくありません。

Aoha

時短勤務だから残業代はもらえない、なんてことはあり得ませんよ。残業した分はしっかりお給料をもらいましょう!
時短勤務なのに残業したら違法になるってウソ?ホント?



とにかく、時短勤務はメリハリをつけて、時間になったら潔く帰宅するのが基本です。


最後にお伝えしたいのは、ワーママとして基本の考え方。
子どもがいても私らしく働く、そう決めて復帰したあなたの気持ちを尊重しましょう。

時短勤務という働き方に自信をもって

冒頭でお話ししたように、独身時代は先輩ママをうらやましいとしか思っていなかった私。

しかしいざワーママになってみると、そんな考えは撤回せずを得ませんでした。


だって、働くママが本当に忙しいのは帰宅後!

何か一つやろうと思っても、小さい子供がいると面白いほど思い通りに進みません。

「さあ、洗濯物を取り込んで、ご飯支度にかかろう!」と思っても、「おなか減ったー!」「ママ抱っこしてー!」と騒ぐわが子。

なるべく早く寝かせてあげたいし、ある程度の家事もしなくちゃいけないと思うし。と本当に大変でした。

Aoha



仕事と育児の両立は、経験がなければリアルに想像できなくて当たり前。

周りに迷惑なやつと思われるかも。どうしよう・・
なんて考えるのは損するだけです。とにかく謙虚な気持ちで自分が今できることを積極的に行えば理解も得られます。


自分で選んだ働き方に自信を持っていきましょう♪

どれだけ大変なのか分かってもらえないと思うのではなく、謙虚にできることを積極的に行うことが大事です。


それでは最後に、今回お伝えした内容をまとめてみますね。



まとめ

今回は、時短勤務をしていることで周りから迷惑がられることに対して、私の体験談をもとに現状と5つの乗り切り方をお話してきました。
ワーママが生き生きと働くためには

  1. 制度や周りのフォローを当たり前と思わない
  2. 周囲へ気配りと感謝の気持ちを伝える
  3. 負い目を感じるよりも、むしろ積極的に
  4. 仕事の効率を上げる努力をする
  5. 働き方に自信をもってポジティブに


これらを実践していれば、「時短勤務だから迷惑をかける・・」なんて不安は消えるはず。


実際、独身の頃の私は、働くママの大変さは想像できていませんでした。


「周りに迷惑をかけて申し訳ない・・」なんて気にしていても、少なからず「不公平」とか「ずるい」と感じる人はいるでしょう。それこそ、仕方のないこと。


だから、限られた業務時間内で効率を上げて、前向きに働くことが基本です。
そして、時間内で効率的に働く工夫をすることで周りからも応援してもらえるようになりますよ。

Aoha

権利ばかり主張せず、周りへの感謝は忘れずに。業務量が多すぎるなら、きちんと相談することも大切でしたね。



私の職場は、ありがたいことにみなさん理解があり、とても働きやすい環境です。だから私も、できることをしてみなさんの役に立ちたい!と思っていますよ。

Aoha

フォローしていただくだけでなく、「お子さんにもどうぞ」なんて、お土産を多めに配ってもらったり。
皆さん本当にやさしくてありがたいー。



私たちが子育てをしながら働く環境づくりは、企業の努力も必要。だけど、まずは自分から動くことが大切だなぁと実感するばかりです。

子育てとの両立を仕事に活かす。これは、ワーママだからこそできることだと思います。

「子供がまだ小さいから」を理由に権利ばかりを主張せず、積極的に業務に取り組みたいですね。

時短勤務は、子育てしながら働く私たちにとって、なくてはならないありがたい制度。
上手に活用していきたいですね。お互いにがんばりましょうー。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

管理人Aohaって?

3人育児中の時短勤務ワーママ。 プロフィールはこちら

\\ママイーナ公式LINE始めました //
友だち追加

この記事がお気に召したら「いいね!」ください。最新情報をお届けします^^

 

スポンサーリンク




この記事をSNSでシェアする!

コメントをどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください