保育料無償化なのに給食費が高い?いくら払うのか東京都内の格差も調べてみた!

保育料無償化で実費になる給食費が高い

こんにちは。東京都在住、長女は3歳児クラスに通っている3児のワーママAohaです。

2019年10月から始まる保育料無償化

3~5歳児の保育料がゼロになるらしいと聞いて「無料で子供を預かってくれるなんて、ありがたい♪」と思っていた私。

その後、給食費が実費負担になるお知らせが届きましたが「給食費は対象外なのか。さすが小学校よりかなり高いな・・」くらいにしか感じていませんでした。

しかしある日ママ友から、同じ東京都でも住んでいる地区によって金額が全然違うことを知ったのです。

調べてみると、保育料無償化のカラクリや実費となる給食費のひどい格差が発覚。

分かりやすくまとめてみましたので、あなたにもシェアさせてください!


「保育料無償化」という名のもとに実費になった給食費が高い?

私もよくわかっていなかったのですが、保育料無償化にはいろいろなカラクリがありました。

まず、給食費の内訳は次の通り。
  • 主食費(ごはん代)
  • 副食費(おかず・おやつ代)
これまで、幼稚園ではどちらも実費で保護者負担でしたが、保育園では違います。

保育園の場合、副食費は、保育料の一部という位置づけ。

Aoha

東京都の場合、保育料に含まれない主食費分はすべて自治体の負担。
保護者の負担ではありませんでした。


赤ちゃんから就学前の子供たちが、朝から夕方まで長い間過ごす保育園では
  • 健康な生活の基本としての「食育」
  • アレルギーへのきめ細やかな対応
といった面から、給食が保育の一部とされることには納得ですね。

しかし、今回の保育料無償化では、幼稚園と保育所で異なっていた保育料の定義をリセットしてガチャっと統一!

保育料無償化 給食費(主食費+副食費)の考え方

保育所で保育料の一部だった副食費をカット。幼稚園方式に合わせて、給食費(主食費+副食費)が保護者の負担になります。

生活保護、ひとり親世帯の一部、年収360万円未満などの世帯や第3子以降の子は免除です。

Aoha

なんとも安易というか大胆というか・・


この対応により、これまで払っていた保育料より負担が増える場合もあるんです。もう少し詳しく見ていきましょう。

今までの保育料より高い!給食費はいくらになるの?


これまで保育料は世帯の収入に応じて設定されていましたよね。

しかし、今回の保育料無償化で保育料のみ無料になったかわりに、収入に関係なく全世帯が一律実費に。

実費になる給食費について、内閣府は主食費を3000円、副食費を4500円と見込んでいます。

ただ問題なのは、給食費に対する公費負担が自治体によって全然違うことなんです。

保育料無償化 給食費(主食費+副食費)の公費負担の種類
  1. 給食費は全額負担
  2. 副食費のみ負担
  3. 主食費も副食費も無料
つまり家庭によっては、これまでの保育料よりも高くなる場合があるということ。

Aoha

保育料より高くなる世帯に限り補助などを実施する方針の自治体もあります。でも、保育料無償化のメリットっていったい・・


例えば東京都内の自治体では、主食費を公費で負担してくれる自治体がほとんどです。

続きましては、東京の場合を例にして、各自治体で異なる給食費補助の対応を確認してみましょう。


東京都内の給食費格差がすごい!年間数万円にも

ママたちの間でざわついているのは、突然の実費負担だけでなく自治体ごとの格差です。

給食費がまるっと公費、実質ゼロ円になる自治体もあれば、全額保護者負担の自治体も。

では、東京23区の給食費負担について見てみましょう。

東京都23区内の給食費は「無料~副食費のみ負担」がほとんど

2019年9月10日時点、東京23区内の給食費対応は次の通りです。(ママイーナ調べ)
給食費負担公式サイトより
千代田区0円給食費は区が負担します。
中央区月4,500円給食費(副食費)として月額4,500円(予定)を 区が徴収します
港区月5,000円区立園では月額5,000円の給食費を徴収します
新宿区不明
文京区0円
台東区副食費のみ副食費は、これまでと同様、保護者の皆様にご負担いただきます
墨田区実費「年収約360万円未満の世帯」または「小学3年生までの兄姉から数えて第3子以降」については、副食費相当分を補助もしくは免除
江東区月4,500円程度3歳児クラス以上の児童の給食費のうち副食費(おかず代、月額4,500円程度)は、原則、保護者負担とされました。
品川区実費年収が360万円未満相当世帯の子ども、全ての世帯の第3子以降の子どもは副食費免除
目黒区0円給食の食材費の費用負担(本来は実費負担となるもの)を、区の補助で全額賄います。
大田区無償
世田谷区不明
渋谷区0円副食費を公費負担としますので、保護者のご負担はありません。
中野区0円無償化の対象となる全ての世帯の子どもの食材料費(主食費及び副食費)の保護者に対する費用負担を免除
杉並区0円当面は公費で負担
豊島区0円認可保育所(公立・私立保育所)及び地域型保育事業における食材料費(主食費と副食費)は区の負担
北区0円保育園の給食費を無料にするとともに、私立幼稚園においても、低所得者世帯及び第3子以降の給食費を無料とする
荒川区0円給食費は、区独自の公費負担により、保護者負担はありません
板橋区実費年収360万円未満相当世帯の子供たちと、すべての世帯の第3子以降の子供たちについては、副食の費用が月額4,500円まで免除
練馬区実費※年収360万円未満相当の世帯の子ども全員と、それ以外の世帯の第3子以降の子どもは、副食費が免除
足立区月額4,500円公立保育所は月額4,500円です
葛飾区0円区から直接施設に助成しますので、保護者は食材料費の負担はありません
江戸川区0円
ママ

保護者負担0円の区も多い!
区のお財布事情も関係あるのかなー


中でも私が注目したのは目黒区の文面です。サイトに書かれていたのはこちら

目黒区では子どもたちの食育の推進子育て世帯の負担軽減のため、給食の食材費の費用負担(本来は実費負担となるもの)を、区の補助で全額賄います。

「子育て世帯を応援しています!」いうメッセージが頼もしく感じるのは、私だけじゃないはず。

また、給食費が免除される「第3子」の定義を拡大する自治体もあります。

例えば、墨田区板橋区では「第3子」を小学3年生までの兄姉から数えてOK。

Aoha

小学3年生までのお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる家庭では、負担が減ってうれしいですね。


では、23区外の自治体はどうなのでしょう。
実は、東京都内の26市の中でも対応がバラバラなんです。

武蔵野市、小金井市が給食費無料としているなか、現在の最高額は多摩市や稲城市の6000円

給食費ゼロになる自治体と比べると、年間だと6000×12カ月=7.2万円もの差が出てしまいますね。

Aoha

同じ東京なのに、住んでいる場所によってこんなに違うなんて!ママたちがザワつくのも無理ない。


もともと主食費は東京都から補助があったはずなので、急に保護者負担になるのも理解がしづらいところです。

では、今回お伝えした内容をおさらいしてみましょう。


保育料無償化で給食費が実費になったまとめ

  • 保育料無償化の給食費が実費に
  • 自治体により補助金額に格差あり
  • 今までの保育料より負担が増える家庭も
子育て世帯の応援策のはずの「保育料の無償化」の裏には、
  • 保育の目的「食育」が置いてけぼり
  • 負担が減らずにむしろ増える場合あり
というカラクリがありました。

さらには、自治体ごとに補助金額が異なることでママたち混乱!
  • 保育の質を保つ
  • 保育士さんたちの待遇を手厚く
  • 子育て世帯の負担を減らす
これらを叶えるために、実費負担も必要になる流れは理解できます。もちろん、払いたくないと言っているのではありません。

Aoha

でも、「なんかしっくりこない」というのが、率直な意見。


目的に合った仕組みづくりと公平感を求めたいですね。

本文では東京都を例にご説明しましたが、対応は自治体により異なります。

あなたの自治体の制度もぜひ確認してみてくださいね。

本記事は、最新情報がわかり次第、更新していく予定です!

 

管理人Aohaって?

3人育児中の時短勤務ワーママ。 プロフィールはこちら

\ママイーナ公式LINE始めました /
友だち追加


記事がお気に召したら「いいね」ください♪最新情報をお届けします↓↓

 

スポンサーリンク


この記事をSNSでシェアする!

コメントをどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です