ワーママは迷惑がられる?あなたの不安が今すぐ消える考え方と行動

ワーママ 迷惑なの?

「子供の病気で休むと、まわりに嫌な顔をされそう‥」

「育児を重視したいけど、うまくやっていけるか不安‥」

こんにちは。小学生と保育園児を持つ、3児のワーママAohaです。

育児しながら働くにあたり、「子供の病気で欠勤したら、周りに迷惑をかけちゃう・・」と心配になっていませんか?

 

私はワーママ歴8年。今までに3回の育休復帰をしていますが、やっぱり3人とも特に入園してすぐの頃は体調を崩しがちでした。

また、小さい子供はしょっちゅう体調を崩すもの。先週、上の子が病気で休んだばっかりなのに、今度は下の子がお熱!なんてこともあります。

急な早退・欠勤となると、周りに迷惑だし、自分自身も思い通りに仕事が出来ずにもどかしい。。

Aoha
何回やるせない気持ちになったことでしょう。

しかし、考え方と行動を見直すことで、今では気持ちよく仕事をすることができています。

そこで今回は、ワーママの不安を消すためのある考え方取るべき行動についてお伝えします。

まずは、あなたの気持ちが楽になる考え方から見ていきましょう。





ワーママは迷惑かもしれないけれど

ワーママ 迷惑かもしれないけど

まず、ワーママにとって必要な考え方は、

何事も前向きに!

自分の気持ちを大切にすること

 

働くママ
昨日休んだのに、また今日も呼び出し…全然仕事にならない!

早退したり休んだりすると、嫌な顔をされたりすることがあるかもしれません。

また、たとえ周りに何も言われなくても

「迷惑をかけて申し訳ない」

「思う通りに働けなくて不甲斐ない」

なんて思ってしまいますよね。

でも、特に子供が小さい頃、急な体調不良での早退や欠勤は必ず通る道!後ろ向きに考えるのは損です。

  • 迷惑がられる=必要とされている!
  • 子供に体力がつくまではガマン!

私はこのように割り切って前向きに捉えたことで、気持ちが楽になりました。

できないことに対してあれこれ気持ちを惑わされるより、できるときに精一杯やればいいんです!

また、今は何を優先したいのか?あなたの気持ちに従うことも大切です。

大切にすべきはママの気持ち!

  • 子供に寄り添ってあげたいとき
  • 仕事を優先にしたいとき

様々な場合があると思いますが、どんな時も大事なのはあなたの気持ち

  • 仕事は休んで、子供と向き合う
  • 思い切って子供を預けて、仕事をする

臨機応援に対応しましょう!

子供にとっても、ママの機嫌がいいほうがうれしいことなんです。

では次に、このような考え方を実行するための行動についてご紹介していきますね。




迷惑がられないための行動は?

ワーママが迷惑に思われないために必要だと考える行動は3つ、あります。

  1. 子供の病気に備えてサポートを確保
  2. 負い目を感じるより積極的に!
  3. 周りの人への言葉がけを大切に

ではまず、一つ目の子供の急な体調不良に「備える」ことから見ていきましょう。

子供の病気に備えたサポート体制を確保する

子供が体調不良になる

保育園に通いだしたころや、子供が小さい間は、どうしても体調を崩しやすいです。

発症したタイミングによっては、発熱が続いて1週間も登園できない‥なんてことも。

そのため、いざという時のためのサポートを考えておきましょう。

  • 夫や祖父母など頼れる知人に相談しておく
  • 病児・病児後保育、ファミリーサポートに登録しておく


わが家は、両方の祖父母が遠方で頼れないので、夫婦で相談しながら看病にあたっています。

一方で、病児・病児後保育にも登録。

 

長男がインフルエンザで1週間登園できなかったときには、とってもお世話になりました。

知っておきたい病児保育と病後児保育の違い!私が救われたピンチの冬

 

地域によっては、病児・病児後にも対応してくれるファミリーサポートもありますよ。

頼れる人がいないけど、絶対休めない日がある‥といったワーママにはありがたい地域の子育て支援制度です

事前に情報を調べて上手に利用しましょう。

では次に、ワーママだからこそ必要になる積極性についてお伝えします。

負い目を感じるよりも積極的に

チームで働く女性

早退したり、欠勤したりに対して「周りに迷惑がられている‥」と消極的になってしまうワーママも多いかと思います。

私も、

「自分から作業を提案したいけど、こんなに休んでばっかりなのに、言い出しづらい・・」

と考えていた時期がありました。

 

でも、それは逆!

Aoha
今手が空いています。何か作業ありますか?○△を担当させてもらえませんか?

など、自分から積極的に業務に関わることで、気持ちもすっきり。上司や同僚も喜んで受け入れてくれました。時間制限のあるワーママでも、自分の業務はしっかりこなし、意欲的に取り組む姿勢は周りからも評価されるはず。



また、通勤時間や子育ての合間など、すき間時間にスキルアップを目指すことも有効です。早く帰る分だけ仕事量は減っても、仕事に活かせる知識や資格の勉強は可能!

知識や資格を取得できれば、周りの人も迷惑どころか、評価せざるを得ないですよね。

 

続きまして、ワーママがとるべき行動3つ目は、周りへの言葉がけです。

周りの人への言葉がけは大切に!

感謝の気持ちを伝えること

仕事に対する意識がどれだけ高くても、子供の体調不良は急にやってくるもの。限られた時間のなかで、思った通りに業務がこなせないこともありますよね。

実際にワーママの早退や休みによって、周りの仕事が増えることがあるのは事実。

そんな時、上司や同僚への言葉はとても重要。私も実際、上司に次のようにお伝えしたことがあります。

「まだ子供が小さく、急なお休みをいただくことが多いですが、職場の皆様にはご理解いただき、大変感謝しております。ありがとうございます。」

いつも「すみません、すみません。。」と謝ってばかりではなく、感謝の気持ちも伝えうことが大切ですね。

また、職場の人との普段の会話にも気を配ります。

Aoha
まわりは残業続きなのに「子供と一緒に21時に寝てます。」は、失言。

ママは話題が子供ネタばかりになりがちなですが、独身の方の前では、子供の話ばかりしないようにも気をつけたいところです。

さて、時間の制約が多いワーママですが、メリットもあるんですよ!証拠となるデータと共にご紹介しますね。

ワーママの方が仕事の効率アップする!

なんと!小林製薬が実施した、「2017年 働くママの生活と健康に関する実態調査」によると、

「働くママの約8割が、出産前より仕事が効率的にこなせている

という結果が出ています。

 

さらにその要因として、

「働くママの約9割が、『仕事を効率よくこなす工夫をしている』」

とも回答。

 

この結果には私も納得&同感!

自由に残業できる人とは違い、保育園のお迎え時間が決まっているワーママは「〇時までに帰る!」という制限があります。

だからこそ、時間内でいかに業務をこなすか、必死になって考えることで劇的に集中力が高まり、仕事が早くなる。

また集中するだけでなく、いかに無駄をなくせるか?と工夫するので、効率的にこなせるようになるんですよね。

ちなみに私は、自分が急に休んむことで迷惑をかけることがないように

  • 問題や課題は1人で抱えない
  • 作業内容や進捗は常にオープンにする

といったことを心がけていますよ。

では最後に、今回ご提案した内容をまとめてみますね。

まとめ

ワーママが迷惑!と思われることなく、むしろ重宝されるための考え方と行動として、以下をご紹介しました。

考え方のポイント
  • ストレスを感じるよりもポジティブに
  • 育児優先・仕事優先どちらもOK!
  • 大切なのはママの気持ち!
行動のポイント
  • 子供の病気に備えたサポートを確保
  • 負い目を感じるよりむしろ、積極的に
  • 周りの人への言葉がけを大切にする

これらを実践していれば、「ワーママだから迷惑をかけるかも・・」なんて不安は消えていきますよ。

子育てとの両立を仕事に活かす。

これは、ワーママだからこそできることだと思います。

ママになってからの方が仕事の効率があがる!ということは、データでも証明されていましたよね。

家族構成や仕事内容、周りの環境は人それぞれとは言え、ワーママが迷惑なんてことはないんです。

「子供がまだ小さいから」を理由に権利ばかりを主張せず、周囲の理解も得ながら
積極的に取り組みたいですね。

Aoha
色々と工夫しながらお仕事ライフ楽しみたい♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



 

管理人Aohaって?

共働き歴10年目、3人の子育て中のワーママ。 プロフィールはこちら

この記事がお気に召したら「いいね!」ください^^

 

関連ページ





この記事をSNSでシェアする!

コメントをどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください